人工妊娠中絶の際のパートナーの同意について

ぐしかわ看護学校の生徒さんからの質問です。

質問:人工妊娠中絶の際に、男性側の同意が必要ということですが、相手が分からない妊娠や、レイプによる妊娠の場合はどうなるのでしょうか。

答え:人工妊娠中絶手術を受ける場合は手術および中絶同意書の提出をお願いしています。既婚・未婚に関わらず本人とパートナーの署名捺印を同意書にお願いしています。未成年者の場合には親の署名捺印も基本的には提出を御願いしています。レイプでの妊娠や相手と連絡がとれない場合には、必ずしもパートナーの同意は必要ありませんが、手術に関しての家族の同意を得るようにお願いしています。結婚されている方(事実婚を含む)には配偶者やパートナーの署名捺印を同意書にお願いしています。状況により手術の同意や中絶についての同意について、特別な事情がある場合には個別に相談しています。日本の中絶に関する法律(母体保護法)では、人工妊娠中絶の際には配偶者の同意(戸籍上の夫、事実婚を含む)が必要とされています。母体保護法には下記のように記載されています。

―母体保護法に定められた適応条件―
母体保護法 第三章 母性保護
第十四条 都道府県の区域を単位として設立された公益社団法人たる医師会の指
定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。
一 妊娠の継続または分娩が身体的または経済的理由により母体の健康を著し
く害するおそれのあるもの
二 暴行若しくは脅迫によってまたは抵抗若しくは拒絶することができない間
に姦淫されて妊娠したもの
2 前項の同意は,配偶者が知れないとき若しくはその意志を表示することがで
きないとき又は妊娠後に配偶者がなくなったときには本人の意思だけで足りる。