人工甘味料を避けましょう!

アスパルテームなどの人工甘味料は、内分泌系=ホルモンを混乱させることが知られています。内分泌系は、体重を含む身体のあらゆる機能をほぼ制御するシステムです。人工甘味料は実際に代謝を遅らせ、体重の問題を引き起こし、血圧を上げ、血糖値の問題を引き起こします。頭痛、便秘、睡眠障害も人工甘味料の摂取に関連している可能性があります。

人工甘味料は合成甘味料と糖アルコールに分けられる。合成甘味料は特に避けるべきです。またブドウ糖果糖液糖などの異性化糖(トウモロコシが原料でコーンシロップといわれたりする)

人工甘味料(合成甘味料)

•アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物と併記。使用頻度高い。ショ糖の約200倍の甘さ。
•ネオテーム:アスパルテームのジペプチドメチルエステル誘導体。ショ糖の約10,000倍の甘さ。
•アドバンテーム:アスパルテームのイソバニリン誘導体。ショ糖の約20,000〜40,000倍の甘さ。1分子の代謝の際に1メタノール分子を発生。
•アセスルファムカリウム(アセスルファムK):使用頻度高い。ショ糖の約200倍の甘さ。
•スクラロース:使用頻度高い。ショ糖の約600倍の甘さ。
•サッカリン(サッカリンナトリウム):歯磨き粉やのどスプレーなどに添加。ショ糖の約200〜700倍の甘さ。耐糖能異常の誘導の懸念あり。

ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖、高果糖液糖

ブドウ糖果糖液糖:果糖50%未満、

果糖ブドウ糖液糖:果糖が50%以上90%未満のもの

高果糖液糖:果糖が90%以上のもの。

トウモロコシ(=多くは遺伝子組み換え)から作られる。

異性化糖と呼ばれ、ぶどう糖と果糖が混在した糖のこと

糖化リスクが10倍とも言われている。

糖化とは

•糖化とは、たんぱく質や脂質が糖と結びつくこと。
•血液中に余分な糖分があると、体内のたんぱく質や脂質と結びついて変性させ、老化促進物質であるAGE(終末糖化産物)を作り出す。

老化促進物質AGEs(終末糖化産物)

  • 肌のコラーゲン繊維がこわされて、肌は弾力を失う。
  • AGEsは皮膚の細胞にくっついて、シミやくすみをおこす。
  • 髪のたんぱく質に影響して髪のハリやツヤがなくなってしまう=年齢より老けてしまう。
  • 糖化が血管や内臓に影響を与える。
  • 血管の組織が糖化によって血管壁に炎症が起こりやすくなり、動脈硬化のリスク大
  • 腎臓の糖化で腎機能が低下、骨粗鬆症、ドライアイや白内障など
  • アルツハイマー病との関連も言われている。

AGEsは加熱 調理された動物性脂肪食品に多く含まれる。コーンシロップは、ブドウ糖の10倍の 速さで AGE をつくる

比較的安心して摂れる甘味料

•ステビア
•甘酒
•アガベシロップ
•はちみつ
•オリゴ糖 糖蜜入りは要注意
•ラカンカ

※摂りすぎ要注意

合成甘味料が使われている食品

  • せんべい、ホットケーキミックス、シュークリーム、
  • 低糖質スイーツ、シロップ、ガム、柿の種、焼き肉のたれ、デンタルケアタブレット、キシリトールガム、ドレッシング
  • こんにゃくゼリー、プロテインバー、ゼリードリンク、
  • チョコレート、アイスバー、カップ麺(ラーメン、うどん、そば)
  • カロリーゼロ液体甘味料、キャンディー、葉酸鉄入りキャンディー、
  • コーヒー飲料、清涼飲料水、スポーツドリンク、プロテイン、
  • 栄養ドリンク、コラーゲンドリンク、葉酸スムージー、
  • うがい薬、子ども向けサプリメント、ダイエット食品、経口補水液、

※人工甘味料は多くののダイエット製品に含まれています。

果物の果糖は安心

果物では、血糖値を大きく乱したり、内分泌系に有害な副作用を与えたりすることはありません。食物繊維もビタミンも含みます。

  • 甘く改良された果物やバナナは要注意
  • 輸入果物は避けましょう(ポストハーベストの問題)

みりん

みりんは市販のものには添加物が多いのでおすすめできません。ゆいクリニックでは手作りしています。
でも、できればみりんもあまり使わずに、煮物を甘くした方が美味しいという考えをやめて、だしでしっかり味をとっていくのがおすすめです。

一般的なみりんとみりん風調味料の原材料
  • みりんの原材料:もち米、米こうじ、醸造アルコール(酒精)糖類
  • みりん風調味料:水あめ、米、米こうじ、調味料(アミノ酸)、酸味料

本みりんでも糖類やアルコールが入っている。アルコールが含まれている物はきちんと発酵していない(味噌などの原料も要注意)、みりん風調味料は主に水あめ。化学調味料=アミノ酸などは避けましょう。

手作りみりん風レシピ
材料・調味
1.酒 370g
2.はちみつ100g
材料を合わせて沸騰させる
さまして冷蔵庫で保存2~3ヶ月