子宮内避妊具 (避妊リング)

子宮内避妊具には、ミレーナ、マルチロード、FD-1があります。

1ミレーナ (子宮内避妊システム)

ミレーナは子宮内避妊具にホルモンが添加されており、子宮内避妊システムと言われています。その避妊効果は99.9%で非常に効果が高いです。

黄体ホルモンが子宮内膜に直接働きかけるので、子宮内膜が薄くなり、月経量が減り、月経痛も軽快することもあります。また受精卵が子宮内膜に着床することも妨げて、避妊効果が得られます。また、効果も5年間有効で、着脱の煩わしさもなく、避妊が継続できます。

2マルチロード

子宮内避妊具=IUD(Intrauterine Device)には、避妊の目的で子宮内に装着するために銅が付加されたマルチロードや、プラスチックだけのFD-1があります。

マルチロードは金属の銅が添加された子宮内避妊具で、入れることにより異物反応をおこし、精子の運動を阻害したり、精子と卵子の受精を阻害することにより避妊効果を示します。子宮内膜に異物があることで、受精卵の着床も防ぎます。マルチロード装着後は月経量が増加することがあります。そのため、月経過多の人には勧められません。避妊効果も99.4%と非常に高い避妊効果が得られます。

3FD-1

FD-1はプラスチックのみの子宮内避妊具で避妊効果は他の子宮内避妊具に比較すると劣ります。昔からよくリングを入れていたのに妊娠してしまったという話を聞くことがあるかもしれませんが、それはプラスチックだけの子宮内避妊具だからです。避妊効果も95%くらいしかないため、FD-1での避妊の場合にはコンドームの併用をおすすめします。月経過多が心配な方にはマルチロードよりもFD-1が良いかもしれませんが、避妊効果が劣るため、ミレーナの方がさらにお勧めです。

子宮内避妊具は、出産経験がない方にも使えます。長く避妊が必要な方はぜひご相談下さい。避妊リングは、生理開始日から1週間以内の排卵前に装着することが望ましいとされています。万が一の妊娠成立後の装着を避けるためです。

次のような方は子宮内避妊システム(ミレーナ)が使用できません。(ミレーナ添付文書より)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある女性
  • 性器癌及びその疑いのある患者[癌の悪化のおそれがある.]
  • 黄体ホルモン依存性腫瘍及びその疑いのある患者[ホルモン依存性腫瘍の悪化のおそれがある.]
  • 診断の確定していない異常性器出血のある患者[性器癌の疑いがある.出血が性器癌による場合は,悪化のおそれがある.]
  • 先天性,後天性の子宮の形態異常(子宮腔の変形を来しているような子宮筋腫を含む)又は著しい位置異常のある女性[本剤を正確な位置に装着することが困難である.]
  • 性器感染症(カンジダ症を除く)のある患者[骨盤内炎症性疾患(PID)のリスクが上昇するおそれがある.]
  • 過去3ヵ月以内に性感染症(細菌性腟炎,カンジダ症,再発性ヘルペスウイルス感染,B型肝炎,サイトメガロウイルス感染を除く)の既往歴のある女性[PIDのリスクが上昇するおそれがある.]
  • 頸管炎又は腟炎の患者[PIDを起こすおそれがある.]
  • 再発性又は現在PIDの患者[症状が悪化することがある.]
  • 過去3ヵ月以内に分娩後子宮内膜炎又は感染性流産の既往歴のある女性[子宮内膜炎を起こすおそれがある.]
  • 子宮外妊娠の既往歴のある女性[子宮外妊娠が起こるおそれがある.]
  • 本剤又は子宮内避妊用具(IUD)装着時又は頸管拡張時に失神,徐脈等の迷走神経反射を起こしたことのある女性[本剤の装着及び除去に際して迷走神経反射を起こすおそれがある.]
  • 重篤な肝障害又は肝腫瘍の患者[肝臓への負担が増加し,症状が増悪するおそれがある.]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性

費用につきましては、料金一覧表をご覧ください。