母乳育児と母子同室

母児同室 赤ちゃんと一緒にいること

当院では出産の約2時間分娩室で赤ちゃんと一緒に過ごした後にそのままお母さんと赤ちゃんを離さずに母子同室を行います。


母乳育児と母子同室

お母さんのお腹の中で10ヶ月間抱かれて育った赤ちゃんはお母さんとずっと一緒にいたいものです。従来、お産の疲れをいやすためにお母さんと赤ちゃんを離して赤ちゃんを新生児室で預かってきましたが、この方法はお母さんにも赤ちゃんにも不都合なのだとわかってきました。母と子の基本的信頼は生後一年間の母と子の関係によって作られ、この期間は人が人らしく成長する基本となる時期であり、甘えの受け入れが大切です。子どもの甘えや訴えを受け入れられるようになるためには、生後早期からの接触を頻回にすることが大切です。

温かく、静かに守られていた子宮の中から生まれ出たばかりの赤ちゃんは、しばらくは環境の強い変化にショックをうけます。そして興奮し目覚めた状態にありますが、その後は深い眠りにつきます。この深い眠りの前にお母さんと接触することで、絆作りのスタートをきりやすくなります。もしこの出生後早期に接触できなければ、なるべく早い時期に赤ちゃんに触れられるようにお手伝いします。

赤ちゃんは泣くことで絆作りを始めますが、応えてもらえないと自分を受け入れてもらえないというマイナスのメッセージを、生まれた早いうちに受け取ることになってしまいかねません。


母乳育児と母子同室

また、赤ちゃんが求めているのはお母さんです。一緒に肌を触れあって横になるだけでも赤ちゃんは満たされます。肌への刺激は情緒の発達を助けることになります。なるべくたくさん赤ちゃんを抱いて、しっかり赤ちゃんとの絆作りをしていきましょう。絆作りは早ければ早いほどやりやすいです。

最初でうまく行かなくても、どの時点でもやり直すことができます。でも、後になればなるほどたくさんの努力が必要になってきます。子どもの甘えをたくさん受け入れてあげることで、結果的に子どもは自立していくことができます。母と子の絆作りに重要な役割をはたすのが、おっぱいです。


母子同室中の注意点

面会の制限をおねがいします。

赤ちゃんはお母さんのお腹のなかで病原菌に対する抵抗力をつけてきて、またおっぱいの中にも沢山の免疫物質が含まれており病原菌から守られていますが、それでもお母さんのかかる風邪などのウィルスには弱いです。赤ちゃんの兄弟以外の12才未満のお子様の面会や沢山の面会人はお断りしていますのでご了承下さい。

産後すぐは赤ちゃんは夜も昼もおっぱいを飲み続けます。

お母さんは赤ちゃんが眠っているわずかな時間が休息時間です。入院中の面会はなるべくご遠慮下さいますようご協力をお願いします。