【奇跡の枕〜硬枕、木枕】木枕について知りたい!Q&A

木枕について以前紹介しました。

西式健康法

  • 故・西勝造氏が編み出した健康法。
  • 炭鉱勤務を経てコロンビア大学に学び、当時の東京市電気局技師となり、上野ー浅草間の地下鉄敷設を担当した人物。
  • 17才で結核にかかり20才まで生きられないと言われ、古今東西の医学や健康法を研究。7万3000冊の文献を読破。現代医学をはじめ、漢方、鍼灸、ヨガ、カイロプラクティック、指圧呼吸法、冷水浴、乾布摩擦など362種の健康法を自ら試した末、よりすぐりのものを1927年(昭和2年)に西式健康法として発表した。
  • 渡辺医院の渡辺正先生、渡辺完爾先生
  • 甲田光雄先生(医師で西式甲田療法として多くの難病を治癒に導いた)によると西先生は大天才で、連日睡眠時間3時間あまりで過ごし、東京都土木技師としての正規の職務の他に、医学の研究や講演などの激務を消化されたとのこと。
  • 世界各国の文献を片っ端から読破検討され、独自の見解を加えて西医学を集大成した。膨大な文献の重要な箇所をすべて暗記されていた気の遠くなるような素晴らしい才能の持ち主出とのことです。
  • 西先生は人間の平均寿命を120才にすることを目標に健康法を広められた。
  • 講演録によると当時の平均寿命45才前後であった。

1.脊柱不正

人間の骨格は四足動物として設計されたが、直立歩行するようになったため、柱の役目をして、狂いやすくなる。

(対処法)

平床…硬くて平らなベニヤ板の上に寝ると背骨のゆがみ矯正される。

硬枕…硬い木枕をすると頸椎のゆがみが直る。

金魚運動…平床の上に上向きに寝て、両足を揃えて足首を立て、両手を組んで首にあて魚が泳ぐように左右に振る。背骨の左右のゆがみが直る(1,2分)

2.血液不循環

流れる水は腐らない。血液循環が悪いと血液が濁り、酸素が少なくなるので病気の原因となる。

(対処法)

毛管運動…硬枕を用い、平床に仰臥して、手と足を真っ直ぐに

伸ばして垂直に上げ手足を微振動する(1~2分)と

血液循環がよくなり、心臓病も治り、血圧も正常になる。

3.神経系統不正

自律神経が失調したり身体の左右の神経が不整になると病気になる。
(対処法)
合掌合せき
うわむきに寝て、両方の足うらを合わせて、できるだけお尻に引き付け、膝を床に押し付け、両手は胸の上で合掌する。両手は上方に、両足は合せきのまま下方へ伸ばす運動を十~六十回屈伸すると神経が整う。

4.酸塩基不均衡

体液が弱アルカリ性の時に健康であるが、アルカリが強すぎると自律神経の迷走神経が緊張して胃酸過多症、胃潰瘍、がん、喘息になりやすくなるし、酸過剰になると交感神経が緊張して、高血圧、動脈硬化、脳溢血、糖尿病になりやすい。

(対処法)
背腹運動
正座して背骨を左右に振りながら、腹部を膨らませたり引っ込めたりする運動を十分間すると酸アルカリのバランスがとれ、自律神経が拮抗状態になり、暗示がかかりやすくなるので「良くなる、能くなる、善くなる」と自己暗示をかけながら行うと一層効果がでる。

木枕

  • 首は常に重い頭をのせていて、常に圧迫されて、不安定で故障しやすい
  • 頸椎は七つの椎骨から出来ている。
  • 頭側の一番、基部の七番、中央の4番は副脱臼を起こしやすい。
  • 頸椎の異状で、鼻や喉、歯の病気や気管支の炎症が起こりやすい。
  • 硬い枕でこれを予防して治療します。
  • 肩の凝りがなくなり、小脳や延髄の機能も良くなる。
  • 手足の神経麻痺予防にも良い。
  • 硬枕利用で、痛さや麻痺が出てきたら、身体のどこかに故障のある証拠です。
  • 痛さを我慢して使用続けると故障箇所が治っていきます。
  • 使い始めには、頭の半分が麻痺したように感じることもあります。それは、頸椎のずれが治る前兆で、そのまま使い続けると良くなっていきます。

硬枕は頸椎の七つの骨にぴったりとフィットして硬いものを使用

  • 仰向けになったときに首が自然に湾曲している。そこにぴったりと合うような半円形のものを使用する。硬さが必要で、頸椎を圧迫して血流を良くします。

西式健康法入門より

枕で血液の流れが良くなる

  • 枕を利用して血管を圧迫すると、循環が良くなる。
  • 1秒間に1メートルの速度で1の者が流れていたとすると、これを硬枕の圧迫によって、血管の面積が半分になったとすると、流れの速度が倍になる。
  • 面積が1、速度が1であったものが、面積が2分の1、速度が倍になった場合には、血流はその6乗に正比例することになる。速度が倍になるから、その2の6乗すなわち今までの64倍も流れることになる。
  • ホースにたとえると、ホースを持つだけではだらだらと水が流れ落ちるだけだが、ホースの先を指先で強く押すと、勢いよく水が出て遠くまで水が飛ぶ。
  • 頸椎を硬い枕で圧迫すると血流の勢いが早くなる。
  • 動脈硬化などで血管が硬くなっている人は、硬枕をして血管の面積が狭められ、血液の流速が増して、血管内に堆積していた不純物が流されて、身体の中の悪いものが出て行ってくれる。

柔らかい枕、硬い枕

  • 柔らかい枕は、一見気持ちよさそうですが、頭が沈んで固定されてしまうため、動きづらさを感じます。
  • 柔らかい枕よりも硬めの枕の方が安定します。寝ている間に動いて、身体の圧力が同じところに集中することを減らします。

枕の高さ

  • 頭が支えられて、首の角度も適度なものになり、顎が上がらず、呼吸も楽になる。
  • 身体のバランスを保ち、頸椎のゆがみを矯正する形と硬さと高さはとても大切です。

高すぎる枕

  • 背骨のカーブが急になり、頸椎が不自然な形で圧迫される。
  • 周囲の筋肉が緊張して睡眠時の首や肩への負担が大きくなる。そのことにより慢性的な痛みが起こることがある。
  • 就寝中に気道が狭くなるので、「睡眠時無呼吸症候群」のリスクが高まる。

低すぎる枕

  • 頸椎が逆U字カーブのようになる。
  • 頸椎や首回りの筋肉に負担がかかる。
  • 頸椎を痛めることがある。
  • 頭に血が上りやすく、鬱血やむくみの原因になることもある。

大事な頚椎骨

  • 首の骨が曲がっていては、頚部の血液の流れが邪魔されて、姿勢が悪くなります。
  • 枕は首から上の頭だけをのせるのではなく、首も枕にのせて、寝ている間の首に掛かる負担を減らすことが大切です。
  • 肩が枕に当たるようにします。
  • 仰向けに寝たときに、頚椎骨の湾曲が枕の山型に密着し、顔が平らになるような高さのものを選ぶことが大切です。日頃から頭の中心と首の中心と身体の中心が一直線になる姿勢を保つようにしましょう。

木枕の実際

  • 甲田光雄先生:木枕で頭の半分がしびれて3年間
  • 最初は普通の枕ももっておく
  • 2時間木枕使えればOK
  • 昼間に木枕で休んでみる

西式健康法入門―ほんものの健康を手に入れるために  西式健康法・西会本部 (著)

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 甲田 光雄  (著)

健康養生法のコツがわかる本

  • 甲田光雄@こうだ・みつお
    1924年大阪府生まれ。2008年没。
    日本綜合医学会会長(5代目)。幼い頃から病弱のためさまざまな大病を経験。大阪大学の医学部に進学するも、
    自らの病を根治させることのできない現代医学を見限る。その後、実体験をもとに数多の民間療法を探究、
    ついに「断食」「生野菜食」「西式健康法」などを組み合わせた独自の医療哲学「甲田メソッド」の開発に至る。
    本作は甲田メソッドの実践・実行的集大成の普及版

断食博士の「西式健康法」入門―病気にならない秘訣

現代病は西医学で治る―自然治癒力を引き出す4原則6大法則実践法 もう薬だけには頼らない!

  • 薬に頼らず西医学健康法の実践を通して数々の現代病治療に当たってきた著者が教える現代人のための新しい健康読本である。毛管運動・背腹運動などの6大法則、生食・裸療法・朝食廃止などを実践すればあなたも家族も病気知らずになれる。

病気知らずの体になる「腹七分目」の満腹法  渡辺完爾 先生

朝抜き、生野菜、自然水…で免疫力が高まる!回復力が上がる!がんもアトピーも糖尿病もよくなった5万人の実証。

目次 : 第1章 「1日3食」が寿命を縮めていた!?/ 第2章 「腹七分目」が病気知らずの体をつくる/ 第3章 今日から始める「腹七分目生活」/ 第4章 空腹感を乗り越えるちょっとしたコツ/ 第5章 若返る&病気にならない10のポイント/ 付章 つらくない1日断食の秘訣

硬い木枕で板の上に寝る

  • お金も手間もかけずに、寝ている間に少しずつ昼間にずれた背骨の狂いを治してくれる。

質問:木の枕で寝るのはとても痛そうです。

  • 最初のうちは首や頭が痛くて眠れないかもしれません、短時間で使い始めましょう。また木枕に何枚もタオルを巻いて痛くないようにして、なれたらタオルの枚数を減らしましょう。
  • 朝まで木枕を使い続ける必要はありません。
  • 寝ている途中で普通の枕に変えてもよいです。

質問:子供にも木枕がよいですか?

  • 子供は小学校6年生くらいまでは、小豆を詰めた長い円柱形の枕を作って小豆を詰めたものがよいです。長めに作るのは、子供は寝相が悪いからです。
  • 中学生からは体格にあった木枕を使えます。

質問:仰向けに寝た方がよいのですか?

  • 仰向けに寝た方がよいです。でも悪いところを上にして寝る癖があったりします。ただ、肝臓が悪いと肝臓を下にして寝るという癖が出たりするそうです。また、腎臓が悪い人はうつぶせで寝る人が多いそうです。
  • 平床(木の板)の上にうつ伏せに寝ると痛いしよく眠れない。なので板の上では自然に仰向けになります。
  • 最初は背骨や腰が痛いので、少しずつ慣れるように最初は毛布を2枚敷いたりして、慣れてきたら少しずつ減らし、最後は板の上に直接裸で寝るのがお勧めです。
  • でも、直接板に寝ると汗などで板が人の形にしみが出来て汚く見えたりする場合もあるので、薄いシーツは使っても良いかもしれないです。

質問:どうしても板の上で仰向けで寝られない人は、どうしたらいいですか?

  • 寝る前に金魚運動をしっかりやるのがおすすめです。
  • 寝る前に金魚運動をしっかりやると寝相が悪くならないで朝まで仰向けのままで寝られます。
  • 寝る前に金魚運動と背腹運動をやって筋肉をほぐし、骨がよく動く状態にしてから木枕と平床(木の板)で寝ると効果が早く出ます。

質問:腰痛があっても、板の上で仰向けで寝るのがよいですか。

  • 仰向けに寝ると、たいていの人は腰と床のあいだが浮いて体が湾曲します。本来はまっすぐでないといけないです。腰痛がある人ほど、腰と床の間に隙間ができます。金魚運動をしっかりやるとだんだん隙間がなくなります。一直になったら腰痛はなくなります。

質問:柔らかい布団の方が気持ちよく寝られるのではないですか?

  • なれると柔らかい布団より、硬い板の方がずっと気持ちがよくなります。
  • 3年続けたら、もうやめられません。
  • 裸で板の上に寝る方が疲れがよくとれて、朝の目覚めは格別だし、昼間も元気に過ごせます。

質問:裸で板の上に寝たら、冷えるのではないですか?

  • 布団で寝ると体温が奪われますが、板だと体温は奪われません。
  • 体温が奪われると体が衰弱します。
  • 板の上に寝ると、体の表面の静脈が縮んで血液循環がよくなり、血液が早く心臓に帰るので、疲れが早くとれます。暖かい布団で寝ると血管が膨らんで、血液が心臓に戻りにくくなり疲労がたまります。

質問:平床の良いところは?

  • 絨毯や毛布にはダニがいっぱいです。
  • 板の上のダニはぐっと少ないです。
  • アトピー性皮膚炎やぜんそくの人はいたの上で寝る方がよいです。
  • 掛け物は軽くして裸で板に寝るとよいです。
  • 冬に暖房を入れずに窓を開けて寝られたら、合格。板だと寝汗もかきにくく、体温の逃げも少ない。
  • 板の上だと汗もかきません。睡眠時間も短くてすみます。

質問:板の上に寝ると尾てい骨が痛いです。

  • 平床の使い始めには背骨のゆがみがあるので尾てい骨が当たって痛みが出たりします。おしりに薄い布団や円座などをしいて寝るようにしましょう。
  • 島袋はおしりのところにバスタオルを重ねて置いています。
  • 西式健康法を始めたときには金魚運動と平床でおしりに褥瘡ができてしばらく治療を行いました。
  • 続けていくことで良くなってきました。

質問:板の上に寝るととても寒いです。どうしたら良いでしょうか。

  • 板の上で木枕で寝る。上半身裸だと夏は良いけど、冬はとても寒く、寝床が冷えて、特に肩から上が寒いです。身体が本当に健康になっていないととても寒く感じます。寒いと感じる間は首巻きや肩当てをつかって保温をしましょう。
  • 西式健康法の裸療法や温冷浴をしっかりおこなって皮膚を鍛えていくことがすすめられています。本当に健康になると、薄着でも平気で過ごせるようになります。

質問:木枕を当てていると痛いです。

  • 最初は、半円形の硬い木枕を使用すると、首が痛くて眠れないという人が多いです。頸椎骨が狂っていると痛みが出ます。
  • 頸椎骨は七つの骨が積み重なっていますが、運動範囲が胸や腰の骨に比べて非常に広い。それだけ、狂いも多くなってきます。
  • 狂った状態で木枕を当てると狂った骨が正常の位置に戻るため、首が痛みます。
  • 最初はタオルを2枚重ねてその上に首をのせると楽になります。
  • 慣れるまでは、2時間木枕を当てたまま眠ることが出来たら、それでOKです。
  • そのうちに朝まで木枕を当てたまま眠れるようになってきます。

質問:木枕を当てると頭の半分がしびれてしまったのですが、大丈夫でしょうか。

  • 甲田先生は木枕を使い始めてから頭の左半分がしびれて、それが昼間の間もずっと続いていたそうです。約3年間このような症状が続いていたそうです。
  • このような症状は瞑眩(めいげん)=好転反応だと達観していたそうです。そしてその症状がなくなってからは木枕で気持ち良く安眠できるようになったそうです。
  • 頭のしびれを早くよくしたい人は、西式健康法の金魚運動や背腹運動を行いましょう。
  • 顎下懸垂器を使う方法もありますが、これはよりつよいトラブルが起こることがあり、首が回らなくなる人がいます。

質問:木枕や平床が勧められていますが、首こりや肩こりがある人、腰が悪い人もやっても良いですか?

  • 答え:西式健康法は体のゆがみを治すのにとても有効です。痛みがあったり、こりがある人人こそやった方が良いです。ただし身体にゆがみがあるほど使い始めに不快に感じる可能性が高いです。
  • 甲田光雄先生は3年間頭の横がしびれ続けていたそうです。それを耐えて、その後良くなったそうです。
  • 私は数年前に腰痛で歩くのもつらくなった時には、固いマットレスや柔らかいマットレスなど腰痛に良いというマットレスをいくつか買いました。高反発マットレスがよいのか、低反発マットレスがよいのか、腰痛が良くなるという宣伝でいくつか買いました。今は、平床で快適に眠れています。硬い木の板に寝ることで寝ている間に体のゆがみをとってくれるのです。ただし仰向けに寝ていないといけません。
  • 私も最初はよく眠れなかったり、木枕に横向きに寝て、耳が痛くなったりしました。今は快適に眠れます。普通の枕も横に置いておいて、木枕でよく眠れないときには普通枕で横向きになってみることもあります。長時間木枕に平床が難しい方は昼間の休憩に30分以内くらいで使い始めてみるのもよいかと思います。
  • 西式健康法を続けることで、首こり、肩こり、腰痛が軽快していきます。ただし、時間は年単位でかかると覚悟して続けましょう。

質問:西式健康法の木枕を購入しました。まだ慣れないので昼寝で30分位木枕を使っています。いずれ平床で就寝~朝まで木枕で眠りたいと思います。木枕は基本的には仰向けで使いますが、就寝中トイレで起床して寝ぼけて木枕の横向きの寝相で寝たりします。
仰向けに寝ていて無意識に横向きに寝相を変えた場合頸椎が歪みずれてしまい支障をきたすでしょうか。仰向けから横向きに寝相を変えたい時はいつも使っている枕に即代えるべきでしょうか。

  • 木枕で横向きに寝ると耳が痛いと思います。横向きに寝るときには普通の枕にかえることをお勧めします。
  • 横向きに眠りたいと感じるのは背骨のゆがみがあるからです。
  • 西式健康法の金魚運動や背腹運動を続けていきましょう。

背骨のゆがみで起こる病気

  • 喘息
  • 胃の病気
  • 胆石
  • 腎臓病
  • 坐骨神経痛
  • 蓄膿症、中耳炎、歯の病気は頚椎骨のゆがみ、
  • 背骨のゆがみから歯が悪くなる。
  • 甲状腺や副甲状腺ホルモンの異常

仰向けにねて足を内旋させる。

  • 頭蓋仙骨療法の先生がおすすめしている。
  • YouTube動画でやり方を紹介しています。
  • 休憩や眠れないときにお勧め:シャバーサナポーズと足の内旋
  • https://www.youtube.com/watch?v=LNlONMho6WE

健康への道しるべ

  • 購読申込み:編集増田桂子さま
  • 電話054-245-8141 FAX054-245-6142
  • 引用 西勝造著作集第一巻西医学の基本

西式健康法の西会

  • 西式健康法についての会報
  • 年会費5000円
  • お問い合わせ

西会本部

電話03-5392-2495 FAX 03-5392-2496

HP http://www.nishishiki.co.jp/