髪と体の塩洗い「雑誌壮快2021年12月号」のご紹介

雑誌壮快2021年12月号

  • 中高年向けの健康情報誌。
  • 確かな医学知識をベースにした健康実益情報を紹介。

塩浴

  • 塩浴研究家:松本和子さん
  • 塩だけで顔も体も洗ってしまう新習慣塩浴生活をはじめよう!』(KADOKAWA)

塩浴:用意する物

  • 塩160g程度(粒が大きくなく添加物の入つていない物)
  • 500ml以上入る広□の容器(プラスチックなどサビにくい材質の物)
  • 塩と、40度くらいの湯500mlを、容器に入れてよく混ぜる。
  • 溶け切らない塩が容器の底に少し残るくらいが目安。

塩浴:やり方

  • 湯船に浸かり全身を温める(シャワーでも可)。
  • 洗いに出たら、塩湯を手ですくい、頭から足先まで、全身に塗リ延ばす(塩の粒を直接肌に塗つたり、こすつたりしない)。
  • 湯でよく洗い流す。さらに湯船に浸かるとなおよい。
  • 仕上げに冷水を浴びる(難しければぬるま湯でも可)。

※塩湯は好みで薄めて使つてもよい。

※洗髪は、洗面器に濃いめの塩湯を作り、頭ごとその中に浸けて、ゆすいでもよい

塩シャンプー

  • 塩シャンドットコム代表:渡辺新さん
  • 『なぜサーファーにハゲはいないのか塩シャンプーで髪が増えた|』(扶桑社)
  • ウェブサイトは「塩シャン.com

塩シャンの塩

  • 海水を原料とし、ミネラルを多く残して作られた、粒が小さめで溶けやすい塩がお勧め。
  • 精製塩や岩塩は向かない。

塩シャンやり方

1.髪と頭皮を十分に濡らす。

2.塩を手に取り(大さじ1杯以上が目安)、髪の上にのせる。濡れた髪の水分で塩を溶かしつつ、髪の根もとや頭皮に、塩が溶けた水をやさしくすり込む。

3.頭皮をもむようにやさしくマッサージし、5分ほどおく。

4.多めの湯で、頭皮と髪を十分にすすぐ(リンスは使わない)。

かゆみやフケが気になる場合は、①の前に3~ 5分ほどブラッシングする。

※このあと、べたつきが気になる場合は、②以降を再度くり返す。

合成洗剤や石けんを使わない

  • 皮脂を洗剤で洗い落とさない
  • オイル入浴
  • ふらの布でシャンプーとリンス

石けんや洗剤を使わないシャンプーや身体の洗い方

  • オイル入浴

ちつのトリセツオイルケア入浴のおすすめ 

  • ふらの布でシャンプー

布良の布をシャンプーのかわりにする!

布良の布で洗顔

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 琉球大学医学部卒業 / 2011年9月浦添総合病院退職、2011年11月ゆいクリニック開業
    【資格】産婦人科専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター