レバーを食べるとビタミンAのとりすぎになるの?

ビタミンAとは

ビタミンAは、油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンの1つです。(脂溶性ビタミンはDAKEと憶えましょう。)

レチノール、レチナール、レチノイン酸の総称です。植物に含まれるβ(ベータ)-カロテンは、摂取すると、小腸上皮細胞でビタミンAに変換されるのでビタミンAの仲間に分類されます。

ビタミンAの働き

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つために大切です。皮膚、鼻、のど、肺、消化管などの粘膜を守ります。がんを抑える効果も動物実験から報告されています。また感染症を予防して免疫力を高めることにも役立ちます。細胞の成長と分化にもとても大切です。また、特に眼の健康に大切な栄養で、暗いところでの視力を保つ働きに必要です。

ビタミンAが不足すると粘膜がよわくなって、のどや気管支をいためやすかったり、ポリープが出来やすかったり、がんにかかる可能性も高まってしまいます。またビタミン不足で、暗いところで目がよく見えなくなる夜盲症やさらに不足がひどくなると、結膜や角膜が乾いて失明することも起こりえます。

亜鉛とビタミンA

亜鉛が不足すると風邪や色んな感染症にかかりやすく、免疫力がていかしてしまいます。亜鉛は粘膜を保護するビタミンAを身体の中にとどめる効果があり、喉の痛みや鼻水鼻づまりの症状を和らげるためにも大切です。傷や病気の回復にも大切な亜鉛とビタミンAはどちらもとる必要があります。

ウイルス感染対策に効果的な〇〇

ビタミンACE(ビタミンエース)

ビタミンAは、ビタミンC、ビタミンEとあわせて一緒にとることで、抗酸化力アップができます。身体に強い味方のエースですね。

ビタミンAは体の中で変換されます。

ビタミンAは、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンや、とり、豚、牛などの肝臓、うなぎ、鮎といった家畜および養殖魚内臓などに含まれる動物性由来のレチノールなどがあります。レチノールをたくさんとると赤ちゃんに奇形を引き起こすことがあるという記載を見かけることがありますが、基本的には通常の食品で、ビタミンAの過剰症を引き起こす危険性は無いと考えられます。妊婦さんがビタミンAをたくさんとりすぎて赤ちゃんの奇形を引き起こしてしまう催奇形性はビタミンAの代謝産物である、レチノイン酸によることが解明されてきました。重度のニキビ治療で使われるレチノイン酸では、流産や奇形が報告されています。

一般的には妊娠初期にはビタミンAをとりすぎないようにレバーやうなぎを食べ過ぎないようにという記述が時々見られますが、レチノールは体内で代謝されていきます。赤ちゃんへの影響が心配な成分は、レチノールの代謝産物である、レチノイン酸です。体内では動物性由来のビタミンAであるレチノール→レチナール→レチノイン酸と変化していきます。体内では代謝が調節されるので、レバーやうなぎをたくさん食べてレチノイン酸がたくさん身体の中で作られて赤ちゃんに異常を起こすことを心配する必要はありません。又、レバーを何キロも食べたり、うなぎ10人前食べる人なんていないですよね。普通に食べる分にはとりすぎを心配する必要はありません。植物性のビタミンAであるβ-カロチンをたくさんとることはとってもおすすめです。βカロテン(植物)の類は体内でレチノールに変換されます。

妊娠中以外では、ビタミンAを摂り過ぎてしまうと言うことを心配する必要はありません。小さい子どもがサプリメントとしてレチノイン酸を多量にとることで、過剰症が起こりえますが、通常は心配ありません。逆に不足がとても問題です。

ビタミンAのタイプ

ビタミンAには3つの活性型(レチナール、レチノール、レチノイン酸)と肝臓での貯蔵型(レチニルエステル)があります。ビタミンAは体内で合成されないため、食事から摂取する必要があります。天然に存在するカロテノイドのうち、ベータカロチン、アルファカロチン、およびベータクリプトキサンチンは、食品に存在する主要なプロビタミンAカロテノイドです。プロビタミンとは体内でビタミンに変換されるものをいいます。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAは、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、肝臓、魚油、母乳などの動物由来の食品に含まれています。プロビタミンAは、植物源から、果実、葉、およびそのようなニンジン、カボチャ、キャベツ、ホウレンソウ、サツマイモ、パパイヤ、マンゴー、赤パーム油、パーム油などです。植物源からのビタミンAの吸収が十分でないこともあり、動物由来の食品は、体内の適切なレベルを達成するのに必要だという報告もあります。ビタミンAの消化と吸収は脂質の吸収に関連しています。したがって、非常に低い食事脂肪含有量(5〜10 g /日未満)または脂質の消化または吸収を妨げて脂肪便を引き起こす膵臓および肝臓の疾患や頻繁な胃腸炎などの状態は、ビタミンAの吸収を邪魔する可能性があります。脂肪も大切な栄養なので、しっかりととりましょう。

ビタミンAをとるために

食事からとる場合、ビタミンA10000IUを目標にしましょう。人参なら5本程度は必要になります。レバーで300gくらいです。かなり多いですが、色々な食品を組み合わせてとるようにしましょう。

妊娠中にはビタミンAがたくさん必要です。

妊娠中にはビタミンAの必要量が増します。特に妊娠中期から必要な量が増えるので、妊婦さんはよりビタミンAをたくさんとるように気をつける必要があります。ビタミンAは、妊娠中の女性のためと胎児の発育にもとても大切です。また胎児の眼の健康の維持と胎児の免疫システム、胎児の骨格をつくって、それを維持するためにも必要不可欠です。妊娠中の食事に含まれるビタミンAのレベルが低いか過剰であると、胎児に悪影響を与える可能性があるという報告があります。ビタミンAの不足は妊娠糖尿病とも関連するという報告があります。

ビタミンAと内耳の発達

妊娠中の母体のビタミンA欠乏症があると胎児内耳の発達に悪影響があります。妊娠中の適切なレベルのビタミンAは、赤ちゃんの内耳の正常な発達を促して、難聴のリスクを減らすことができると考えられています。ビタミンA欠乏症は、中耳炎のリスク増加とも関連していて、就学前のビタミンA補給が中耳炎によって引き起こされる難聴のリスクを減らすことができることを示唆する研究があります。

妊娠中のビタミンA欠乏症と疾患

妊娠中のビタミンA欠乏症は胎児の先天性横隔膜ヘルニア、腎無形成、腎臓機能および腎臓構造への悪影響、将来的な統合失調症にかかるリスク、などと関連しているという報告があります。

ビタミンAのとりすぎ(過剰症)

ビタミンAのサプリメントを多量にとると、脂溶性ビタミンは身体に蓄積されてとりすぎになることがあります。急性にビタミンAをとりすぎて腹痛や吐き気、嘔吐やめまいなどが起こりえます。ビタミンAは血液中でタンパク質とくっついて移動するのですが、タンパク質不足だとビタミンAがタンパク質とくっつくことができず、細胞膜を傷つけてしまって、過剰症の症状がおこる可能性もあります。

レバーをたくさん摂りすぎるのは避けましょう!

レバーは動物の老廃物がたまるところです。その豚や鳥が遺伝子組み換えのエサを与えられず、きちんとした環境で飼育されていることは大切な事です。ですが、実際には狭い劣悪な環境で、抗生物質を多量に使われていることも多いです。よいお肉はなかなか手に入りません。うなぎも養殖で安全性が心配です。なので、栄養をとるためにうなぎやレバーを常食するのでは無く、これらは嗜好品としてたまに食べることにして、緑黄色野菜やお魚、卵などでビタミンAをしっかりとりましょう!

ビタミンAの催奇形性

レチノイン酸の特定のレチノイン酸代謝物(トランスレチノイン酸や13-シスレチノイン酸など)が催奇形性(=赤ちゃんの生まれつきの身体のつくりの異常を起こす)と言われています。身体の器官および胚(=受精卵)発生の重要な期間中に遺伝子活性に影響を与えるということです。イソトレチノインの催奇形性が報告されています。イソトレチノインは、ビタミンAのいくつかの誘導体の1つである13-cis-レチノイン酸を含む薬であり、イソトレチノイン(商品名:ロアキュタン)は、ビタミンA誘導体を含む内服薬で、重症ニキビの治療に用いられます。これは、催奇形性であると考えられ、妊娠中は禁忌となっています。

サプリメントの問題点

現在、容易にサプリメントとしてビタミンAが手に入り、食品からの摂取も加わり、過剰摂取になる危険性が問題となっています。ビタミンAの過剰摂取と関連した胎児の奇形としては、耳の形態異常が報告されています。また、緑黄色野菜に含まれている、カロテノイドは、ビタミンAを生成することで知られていますが、その効率は種類により大きく異なり、また限界もあります。赤ちゃんへの影響が問題なのは合成のビタミンなのです。特に海外製の合成ビタミンA(レチノイン酸)では過剰摂取が問題となるため、サプリメントをとる場合には、どのようなものなのかしっかりと選ぶ必要があります。ビタミンAをとるために、緑黄色野菜からの摂取はとてもお勧めです。赤ちゃんへの栄養が心配なのは合成のレチノイン酸だけなので、サプリメントに含まれているビタミンAが、レチノールやレチナールであれば心配いりません。ただし、妊娠中の1日あたり10,000 IUを超えるレチノールの摂取は催奇形性が心配されるという報告もあります。食品からでは不足しがちな場合のビタミンAはサプリメントを利用する場合にはベータカロチンやレチノールにして、レチノール10,000 IU以上とることやレチノイン酸は避けましょう。サプリメントをとるときにも成分をチェックしましょう。イギリスでは5000 IU(1500 µg)を超えるビタミンAを含むビタミンサプリメントを避けることを推奨しています。

ビタミンAをしっかり摂れるように心がけましょう。

2013年のWHOガイドラインによると、母親や赤ちゃんの病気を防ぐために、妊娠中にビタミンAを定期的に補給することは推奨されていません。けれども不足しがちな栄養素なので、食事から摂れるように意識的に緑黄色野菜や魚油が摂れるように心がけましょう。

参考:Nutrients. 2019 Mar; 11(3): 681.Published online 2019 Mar22. doi:10.3390/nu11030681
Vitamin A and Pregnancy: A Narrative Review
Sabina Bastos Maia,1,2,* Alex Sandro Rolland Souza,1,3,4 その他

日本産婦人科医会ホームページ

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。