オーガニック化粧品のご紹介

 

 

私は、ファンデーションの経皮毒(皮膚から吸収される毒)が心配で、ほとんどお化粧をしていませんでした。(外に出ないので必要ないとも思っていました。)でも、こちらの本を読んで、十何年かぶりにお化粧を始めました。これなら体に毒ではないと思ったからです。最初程まじめにはやっていませんが、こちらの本で紹介されている乳液は自然な紫外線防止になるとのことで続けています。ぜひ皆さんもファンデーションを卒業してみてはどうでしょうか。

私、ファンデーションを卒業します。坂田まこと (著):受付で販売しています。

ファンデーション卒業セット 9000円(税込み)  受付にて販売中

ファンデーション卒業セット:どちらも「塗ったまま眠れる」くらい優しい処方なので、クレンジングも洗顔も不要です。あなたも「すっぴんライフ」を楽しもう!

  1. 吉野本葛粉生まれのアロールートフェイスパウダーArrowroot face powder:4400円(税込み)
  2. 木苺と人参生まれのサンケアスキンセラム:5500円(税込み)

サンケアスキンセラム商品の説明

「サンケアスキンセラム」には、ラズベリーシードオイルの他 、キャロットエキス、エーデルワイスエキス、紫根エキスなど、どれも歴史的に「日焼け止めの代用品」や「美白成分」として使われてきた歴史があるものばかり。 「日焼けしにくい肌作り」をお手伝いできたらいいな、と願いを込めて誕生しました。 肌が敏感な方でも塗ることができるようにエーデルワイス花・葉エキスやカレンデュラエキスを贅沢に含みます。 植物オイルが主成分だと、素肌にのせた時に重く感じてしまうため、肌の酸化や乾燥対策のためにもアロエベラ液汁を主成分に配合しオイル in ウォータータイプに。 そこに、大豆レシチンによる乳化作用が肌とよく馴染み、素肌に「水分+油分+乳化保湿」までをサポートします。 私たちの皮脂膜や角質層の乳化安定を、高めてくれるのです。 もちろん100%植物成分。 石油系合成の「乳化剤」「防腐剤」「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」 等は一切含みません。 これは、従来の「日焼け止め化粧品」ではなく「日焼けケア美容液」だからこそ落とす必要もありません。 「夜も塗って眠る」ことで寝ている間にも肌の抗酸化のケアに役立つのです。 完全自社開発によりORGANIC MOTHER LIFE初のオリジナルコスメが誕生しました。

サンケアスキンセラムの原材料・成分

〈100%植物・天然成分 / 無添加・無香料・無着色・紫外線吸収剤・散乱剤フリー / 石油系の界面活性剤や防腐剤フリー〉 アロエベラ液汁*(抗酸化系) 水 グリセリン(植物由来) ペンチレングリコール(植物由来) ヨーロッパキイチゴ種子油*(抗酸化系) ヒポファエラムノイデス果実油*(抗酸化系) オリーブ果実油*(保湿系) ヒマワリ種子油*(保湿系) シロキクラゲ多糖体(高保湿成分) エーデルワイス花/葉エキス*(抗酸化系) クリスマムマリチマムカルス培養液(植物幹細胞) トウキンセンカ花エキス*(鎮静系) ニンジン根エキス(抗酸化系) ビサボロール(カモミール由来) ムラサキ根エキス(鎮静系) ローズマリーエキス*(抗酸化系) スクワラン(植物由来) 水添レシチン(大豆由来/乳化剤) キサンタンガム(海藻由来) フェネチルアルコール(植物由来) ダイズステロール(大豆由来) トコフェロール(ビタミンE) ニオイテンジクアオイ油*(調整系/ゼラニウム精油) ニュウコウジュ油*(抗酸化系/フランキンセンス精油) *オーガニック成分

サンケアスキンセラム使用方法

  1. 日焼け止め化粧品を卒業するかわりに 代替品として活用する。これが1番の目的! (洗い流すような日焼け止め化粧品ではありません)
  2. 毎朝スキンケアの仕上げに 「乳液」や「化粧下地」や「日焼け止め化粧品」の代わりに サンケアスキンセラムをしっかりと浸透させる (洗い流す必要のある下地や日焼け止め化粧品の卒業)
  3. 水分→油分→乳化させて初めて「保湿」になる (スキンケアの仕上げとして皮脂膜の形成を大豆レシチンがサポートする)
  4. 昼間の仕上げに素肌に負担の少ない 葛粉生まれのアロールートフェイスパウダーでお仕上げ ファンデーションを卒業出来ます様に… (必ずフェイスブラシで塗りましょう)
  5. 夜も美容液代わりにご利用いただけます (日焼けによる活性酸素の除去に)

サンケアスキンセラムについての注意点

  1. 開封後はサンケアスキンオイルとは異なり、常温でも保管いただけます
  2. 1年を通して高温多湿・急激な気温の変化・直射日光をお避けください
  3. 開封後はできるだけ3ヶ月以内をめどにお使いいただくことをお勧めしております
  4. 製造後未開封で3年間品質に問題なお使いいただくことができます。

 

吉野本葛粉生まれの「アロールートフェイスパウダー」Arrowroot face powder商品説明10g 4400円

ワイルドクラフトコスメ(有機栽培ではなく自然栽培)「吉野本葛粉」にこだわり続けました。 出逢いは、奈良大宇陀。

葛粉の本家である森野様より素材を提供いただきました。

適度なマット感とツヤ感を出すためにアスベストイメージの強いタルクは辞めて白雲母(マイカ)を用意。

5種類のマイカを試してもらいツヤ感と適度なマット感のある乾燥しない最高級グレードを選択しています。

そこに「光老化軽減効果」を期待できるワイルドクラフトの贅沢に大和茶葉を使用。肌の鎮静、抗炎症を行いながら整えてくれる紫根エキスを配合。

アレルギーやアトピーニキビ肌に是非使って欲しい。

ファンデーションでくすんだり乾燥する方へ素肌で安全に過ごしたい方にも。毛穴を塞がれている感じもなく常に自然な状態でいてくれるのでツヤ感を感じても軽くティッシュオフでもOK。

塗り直すなら、ティッシュオフ後がオススメです。パウダーを使いすぎなくて済みます。日本の薬草や茶葉米を使用しているから「薬草フェイスパウダー」と言うのです。

そこに日本和精油の香りモミと月桃が含まれています。

Arrowroot face powder はつけたままでも眠れるほどに優しい仕様で夜は濯ぐだけでも十分です。

洗顔料をお休みすることができます。

アロールートフェイスパウダー使い方

ポイントメイクだけ植物油で浮かせてさっとソープ洗顔をすると良いでしょう。

粉末は非常に細かく多少塗りすぎても白くなることはありません。

白さを感じる人は量を減らすか顔全体に均等に塗る事が出来るブラシをご用意していただくと良いです。

蓋の内側に、パフの上にトントンと少量とって ブラシでとりチークやアイメイクをする箇所から塗布していきます。

頬においてくるくる。目元にも塗り広げて。

目元とまぶた周りをマットにしたらまたパウダーを少量とってTゾーンをマットに。

最後、もう一度ブラシにパウダーをとって頬からおでこにかけてすーっと円を描くように塗っていきます。

あくまでも軽めに、自然に、艶が残る程度に。

このArrowroot face powderは乾燥させないために、そして外的刺激から肌を守るために。

すっぴんでいるの「すっぴんに見えないように」と、いろんなこだわりがこの一つ一つに込められています。

ツヤ感をだすことで太陽の下でも綺麗に見えることがポイント。

マイカの適度な紫外線散乱効果ですっぴん肌を守りたい。

茶葉、茶葉エキス、茶花エキスにも様々な美容効果あり【美肌を守り抜く「茶葉」】茶カテキンが肌のキメを整え美しいすこやかな肌へ

アロールートフェイスパウダー原材料・全成分

クズデンプン*マイカチャ葉*チャ葉エキス*チャ花エキス*ムラサキ根エキスコメヌカエキストドマツ葉油(モミ精油)ゲットウ葉油(月桃精油)水エタノール(植物由来)*ワイルドクラフト成

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 琉球大学医学部卒業 / 2011年9月浦添総合病院退職、2011年11月ゆいクリニック開業
    【資格】産婦人科専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター