グルタチオン点滴療法

グルタチオンは脳にとって重要な抗酸化物質の一つであり、身体のデトックスをになって、脳を様々な有害物質から守る役割をします。
パーキンソン病患者の脳内において、この重要な物質であるグルタチオンが減少していることが分かっています。グルタチオンは、パーキンソン病に有効であると報告があります。
日本では既に40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠高血圧症候群、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用されてきました。。

一種の解毒剤です。体の代謝機能にかかわる酵素を活性化させ、毒物の代謝を促進します。そして、中毒症状をやわらげ、体の回復を助けます。解毒作用のほか、肝機能改善作用や抗脂肪肝作用、抗アレルギー作用なども少し期待されます。その解毒作用から、薬物中毒や金属中毒、つわりや妊娠高血圧症候群、自家中毒などにも適応します。さらに、皮膚科領域で湿疹やシミの治療に応用されることもあります。強い作用がないかわり、副作用はほとんどありません。

グルタチオンの適応症:

パーキンソン病、耳鳴、自律神経障害、不定愁訴症候群、インフルエンザ、自家中毒、つわり、妊娠高血圧症候群、薬物中毒、慢性肝炎、脂肪肝、アレルギー、皮膚疾患など様々な疾患に効果があると言われています。

グルタチオン点滴療法:

タチオン注射200mg グルタチン2000mg+ビタミンB+ビタミンCを点滴投与します。
パーキンソン病の治療の場合には、頻度は週に2~3回、約3ヶ月間行うことがすすめられます。病状の改善が認められれば、その後は維持プログラムとして週に1~2回のペースで治療します。1回の点滴時間は約20~30分です。
パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することができます。