母乳の出を良くする方法

母乳育児妊婦クラスの感想で、「母乳の出をよくするために妊娠中にやっておくと良いことはありますか?」と質問がありました。特にこれといった特別な方法はないのですが、いくつかおすすめがあります。それは、ブラジャーをなるべくつけないこと。特にワイヤー入りでがっちりおっぱいを圧迫するのは身体に良くありません。又、ワイヤーで乳腺を常に圧迫すると乳がんのリスクが上がるという研究報告もあったりするので、健康のためにもなるべく乳房を締め付けないようにすることをお勧めします。又、特別な栄養方法で、これを食べたらおっぱいが出ますという方法は無いのですが、食物酵素を摂るために積極的に生野菜や果物をとることをおすすめします。毎食食事の最初には生野菜を摂ると良いでしょう。

ゆいクリニックでは助産師さんは皆、BSケアというおっぱいケアの方法を学んでいます。そして、妊婦さんにもBSケアでの乳房ケアの方法をお伝えしていますが、これをやらなかったらおっぱいがうまく出ないというものではないので、もし妊娠中にケアがあまり出来無かったとしても気にする必要はありません。

母乳育児がうまく行くようになるためのコツとしては、お母さん自身が、母乳育児のことをたくさん知っていることが大切だと思います。色んな場面でおっぱいをやめた方が良いとか、人工乳を足した方がよいと言われることがありますが、そんなとき、「ちょっと待てよ、本当におっぱいをやめた方が良いのかな、ミルクをあげた方が良いのかな」と正しい知識と照らしあわせたり、母乳育児の専門家(必ずしも医師や看護師保健師が母乳育児の専門家とは限りません。)に相談するという事ができると母乳育児が続けやすいと思います。おっぱいだけでは足りなくてミルクをあげたとしても母乳の赤ちゃんへの免疫力やIQなどの健康のメリットは量依存性です。赤ちゃんがおっぱいを飲めば飲むほど、赤ちゃんはより健康になり、頭も良くなります。なので、おっぱいだけでは足りないときには、ミルクも足しながら、できるだけ長くおっぱいをあげることがおすすめです。また離乳食が始まったら、おっぱいはそのままあげて、ミルクを少しずつ減らしていくと、そのうちごはんとおっぱいでミルク不要になっていくと思います。