たばこと小麦どちらが体に悪いのですか?

ぐしかわ看護学校の生徒さんからの質問です。

質問:たばこと小麦どちらが体に悪いのですか?

どちらが体に悪いと比べるような物ではないと思います。タバコの問題点は受動喫煙です。吸っている本人だけで無く、周囲の健康を害してしまうことが問題です。また小麦に関しては食品として広く使われていますが、健康に悪いという事が知られていないので、授業では小麦砂糖乳製品がいかに健康に悪いかという事を強調してお伝えしました。私も栄養について勉強するまではグルテンフリーカゼインフリー(GFCFと略します。)という言葉を全く知りませんでした。このあたりのことは、是非内山葉子先生の「パンと牛乳はやめなさい」の本を読んでもらえると良いのですが、簡単に小麦の問題点を下記に紹介します。

小麦は血糖値を急激に上げます。
小麦と牛乳の共通の害
モルヒネ様物質の問題があり、どちらも食べると幸せな気持ちになり、また食べたくなり、中毒になってしまう。パンや牛乳で中毒になるのだと認識すべきです。

誰も違法ドラッグで幸せな気持ちになるからといって手を出さないですよね。
法律で禁止されていなくても、その危険性は脳の依存性を起こし、量がコントロール出来無くなり、身体と生活に大きな悪影響を及ぼすことはみな知っている事だと思います。
パンと牛乳も、実は、そのような中毒を引き起こすのです。
法律で禁止されているかいないかではなく、身体に悪く中毒になるものだと認識するべきなんです。

中毒性があるが法律で禁止されていないという点では、タバコも似ていますね。タバコは、小麦と違って、禁煙出来無い人はニコチン依存症という病気であると広く認識されています。そもそもこれだけタバコの害が分かってきているのであれば、違法ドラッグのように規制してしまえば良いのですが、歴史上それが出来無い状況ですね。ですから、子ども達を教育してタバコを吸わないという事を伝えることはとても大切ですね。小麦や砂糖や乳製品の中毒性については、まだまだこれから認知されていくと思います。世の中にこれだけ糖尿病や高血圧、肥満などの病気があふれるようになって、食生活や運動に関連した生活習慣病であると認識されて、食べる物を見直さないといけないといわれていますが、まだまだ足りないと思います。食べ物の中毒性ももっと認識され、多くの人が、もっと健康的な食生活をしていかないといけないかと思います。とはいえ、このように書いている私自身が、はっきりと小麦砂糖乳製品の問題点を認識したのは3年半程前なので、まだまだこれからだと思います。出来るだけ、知らなかったという人に、伝えていきたいと思います。