おっぱいのでる仕組み

おっぱいのでる仕組みについて話しています。

おっぱいの出る仕組み

胎盤が出ると体の中の女性ホルモンが減って母乳が出始める

おっぱいをつくるホルモン=プロラクチン

頻繁に授乳すると、プロラクチンがたくさん出て、おっぱいにあるプロラクチンの受け皿(プロラクチン受容体)が働き、おっぱいが作られる。

母乳を出すホルモン=オキシトシン、オキシトシンはリラックスホルモン、愛情ホルモン

授乳間隔があいて乳房の乳汁がたまると、乳汁抑制因子が働いておっぱいの分泌が減る。