プラセンタ療法の効果についてのアンケート結果発表

 

遅くなりましたが、プラセンタ療法についてのアンケートの結果を報告します。まずはプラセンタ療法についてご紹介します。

プラセンタ療法とは

プラセンタ(Placenta・英語)とは哺乳動物の「胎盤」のことです。胎盤はお母さんのおなかの中で胎児を守り育てるために、妊娠中に一時的につくられる臓器です。そして出産によりその役目を終えると体外に排出されます。胎盤は胎児が発育する為に必要な全ての栄養と酸素の供給、有害物の解毒、排泄作用、免疫機能、ホルモンの分泌など様々な働きを行います。ヒトの場合、直径0.1mmほどの1個の受精卵がわずか10ケ月の間に重さ約3000gもある胎児へと成長します。この驚異的な生命を育むのが胎盤であり、まさに生命の誕生において欠かせない大切な臓器なのです。そのプラセンタを用いることで、様々な病気に効果があることが分かっています。

プラセンタ療法の効果

西洋医療のお薬が限られた病気(症状)にだけ効くのに比べ、プラセンタ注射は単独で、多くの診療科のさまざまな疾患に効果が期待できると言われています。

現在、健康保険の適応は「肝機能障害」と「更年期障害、乳汁分泌不全」ですが、実際には多くの効果の他に、美容やアンチエイジング効果まで紹介されています。

プラセンタは医療用の注射薬以外にも、経口服用する医薬品、サプリメントとしての錠剤や顆粒カプセルやドリンク、肌につける美容液、クリームへの配合など、扱いやすい多くのタイプが販売されています。

ゆいクリニックで行っているプラセンタ療法

当院では保険診療で行う「肝機能障害」「更年期障害、乳汁分泌不全」への治療として、ラエンネック・メルスモンでの治療と、自由診療として、ゆいクリニックオリジナルのプラセンタ組織療法、プラセンタ注射治療・プラセンタ飲み薬(カプセル)の販売を行っております。

当院のプラセンタ療法では、感染症の無い健康な母体からの胎盤を用い、製造過程で高圧蒸気滅菌を施行し、最終的な組織材料に対して細菌培養試験を行った組織、注射剤を使用しております。当院で使用するプラセンタ製剤は当院内で院長監修のもと、精製を行っています。

プラセンタ懸濁液注射

上腕や臀部・腹部の皮下に注射します。

プラセンタ組織療法

プラセンタ組織療法とはプラセンタ(胎盤)の組織を身体に埋め込む(埋没)治療法のことです。プラセンタ(胎盤)を治療に使うプラセンタ療法(一般的な注射薬やサプリメント)の中の一つで、この療法は「プラセンタ(胎盤)」による精神安定や滋養強壮などの効能と「組織療法」による身体全体の細胞を刺激して生体反応を高め、自律神経や免疫バランスを整えるなどの効能を併せもっており、広範囲の疾患に効果が期待できます。当クリニックでは化学的なものを一切加えず濃縮したプラセンタ(胎盤)組織製剤を使用していますので体に留まる時間が長くプラセンタ(胎盤)の効能が高いです。また施術は皮膚切開をせずに、注射器具を用いてプラセンタ(胎盤)組織を注入する方法で行っていますので身体への負担も少なく傷跡も残りません。主に臀部や腹部などの皮下に投与を行います。

プラセンタカプセル薬

プラセンタ成分と生薬を用いています。病気の治療だけでなく、健康維持・滋養の目的にもお勧めです。

プラセンタ療法の費用

ゆいクリニック診療料金

プラセンタ療法の効果

プラセンタ療法は、組織療法、注射、飲み薬の順番により効果が高いと言われています。費用や通院頻度などをふまえて、自分にあった治療法を選ぶと良いかと思います。

プラセンタ療法Q&A

http://www.yuiclinic.com/information/6303/

プラセンタについてのアンケート

1か月間で56人に効果などについてアンケートを書いてもらいました。

動画でアンケートについて説明しています。