ゆいクリニックのお食事

ゆいクリニックでは、妊婦さんは勿論、婦人科にいらっしゃる全ての方に食の大切さをお伝えしています。私たちの身体は、私たちが食べたものからできています。私たちが健康でいられるのも、病気になってしまうのも、何を食べて生きているか、何を食べないか(こちらも重要)がとても大切です。

ゆいクリニックのお食事

ゆいクリニックでは身体によい食事を研究して、美味しく身体によい食事のレシピや献立を提案していきます。食事の内容は、今後の研究によって、少しずつ変わっていく予定です。

お母さんと赤ちゃんのためのお食事

妊娠中のお母さんが何を食べるかはとても大切です。赤ちゃんが健康に育つために、妊婦さんの腸内環境を整えることが大切です。妊娠中にDHAをとったお母さんと、取らなかったお母さんで、生まれてきた赤ちゃんおIQが異なるというお話しもあります。また、腸内環境が悪いと自閉症や発達障害の子どもが生まれるリスクが高まるという報告もあります。妊娠中だけでなく、その後子どもが健康に育つためにも、是非妊娠出産を通してお母さん自身で食育について学んでもらいたいです。

ゆいクリニックのこだわり

心と身体の健康の為に、食材や産地、調理法にもこだわっています。

  • 食品添加物を極力使用しない
  • 県産・国産を優先して使用する
  • できるだけ手作りする(味噌・納豆・甘酒・米麹・ドレッシング・梅干し・みりん・マヨネーズ等)
  • 砂糖やその他健康に悪い人工甘味料を使用しない(ハチミツ・甘酒・オリゴ糖などで甘味を代用し、甘味料を使いすぎない甘さを抑えた味付け)
  • 小麦・乳製品不使用(グルテンフリー、カゼインフリー)
  • 玄米ごはん
  • 生のお野菜や果物(ローフードを取り入れる)
  • 揚げ物なし
  • トランス脂肪酸フリーの油使用
  • ドレッシングには健康に良い油使用

お産を終え、頑張ったお母さんにご褒美のお祝い膳をご用意しています。

入院中の食事(写真)はこちら

できる限り、お一人お一人のご要望にお応えしたいと考え、アレルギーや除去食、宗教的な食事制限、ベジタリアン、ヴィーガン等の対応もご相談させて頂きます。