身体にやさしいローチョコレートを作りました。

LOHASのホームページで紹介されていた、ローチョコレートレシピ(ローフード通販ショップLOHASより)でローチョコレートを作りました。

材料はシンプルで、小麦砂糖乳製品抜きです。

猫のシリコン型があったので、それでも作ってみました。上手に猫型チョコレートができました。

材料

ローカカオバター 130g

ローカカオパウダー 100g

ローアガベシロップ 100g(今回足りなくて、メープルシロップを使いましたが、それでも完成しました!

バニラウクストラクト 小1

植物性レシチン小1(無くても良いとのことで今回購入しませんでした。)

作り方

ローカカオバターを包丁で細かく刻み、ボウルに入れる。

ゆっくり湯煎で溶かし、その他の材料を加えて、46度になるまで混ぜ合わせる。

テンパリングする。(46度‘湯煎)、→28度)氷水にボール毎つけて28度にする。

さらにボール毎33度になるあmで湯煎にかける。

手早く型に流して冷やし固める(トッピングにナッツやドライフルーツを使用しても良い。

材料購入先

LOHASは楽天にもお店を出しています。

LOHAS 楽天市場店 https://www.rakuten.co.jp/rawfood/

沖縄のお店

グリーンリーフ https://www.greenleafoods.com/

また、他にも
フード&パッケージ りぼん  那覇市天久1丁目26-20
https://www.greenleafoods.com/
ナッツやドライフルーツが安いそうです。

また、ネットショッピングでは i-Herb でも購入出来ます。
i-Herb  https://jp.iherb.com/
紹介コード: QNN489  紹介コードを利用すると割引がうけられます。

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。