妊娠中の染毛剤使用で子どもが喘息や鼻炎に!

Environmental Researchに掲載された山梨大学の研究

  • 山梨大学は、染毛剤を自宅で使用した妊婦と職業で使用した妊婦は、どちらも使用していない妊婦と比べて、生まれた子どもが3歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすい傾向があることが明らかになったと発表した。

染毛剤は接触性皮膚炎を起こしやすい

  • 染毛剤は接触性皮膚炎を起こしやすく、まれに蕁麻疹やアナフィラキシー、気管支喘息を引き起こすと報告されている。

妊婦の染毛剤の使用状況と生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患発症との関連

  • 妊婦の染毛剤使用頻度が上がるほど、子が3歳時にアレルギー性鼻炎を発症する可能性が高い

妊婦の染毛剤の使用状況

  • 妊婦の染毛剤の使用状況は、妊娠中期の質問票から美容院、自宅、職業での使用の有無と頻度を調査。
  • 美容院と自宅での使用頻度については、「使用しなかった」「あまり使わなかった」「ときどき使った」「よく使った」から回答してもらい、職業での使用頻度については、半日以上かけて扱った回数を「いいえ」「月1~3回」「週1~6回」「毎日」から回答

生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患

  • 生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患は、3歳質問票で気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの医師による診断の有無を調査
  • 妊婦の染毛剤の自宅使用と職業使用では、いずれも使用しなかった妊婦と比べて、生まれた子どもが3歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすくなる傾向があることが明らかになった。

アトピー性皮膚炎と食物アレルギー発症への影響はなかった

  • 妊婦の染毛剤の使用による生まれた子どもの3歳時のアトピー性皮膚炎と食物アレルギー発症への影響はなかった

使用頻度が高くなるほど、アレルギー性鼻炎になりやすい

  • 妊婦の染毛剤の自宅使用や職業使用では、使用頻度が高くなるほど、生まれた子どもが3歳時にアレルギー性鼻炎になりやすくなる傾向

約8万組の妊婦及び生まれた子どもの追跡調査のデータ

  • 約8万組の妊婦及び生まれた子どもの追跡調査のデータ
  • 十分な数の対象者を解析しており、信頼性の高い結果

染毛剤の成分
パラフェニレンジアミン(PPDA)

  • パラフェニレンジアミン(PPDA)が問題という記事あり。

染毛剤のリスク

  • 髪を染めている女性はリンパ種にかかる危険性が50%も増す
  • 定期的に髪を染めている女性は乳がんになるリスクが最大60%増す

染毛剤の成分 1剤タイプ

  • 染料:酸化染料(酸化反応によって発色する染料)、 カプラー(調色剤、主にトーンを調整する役割がある)、直接染料 などが配合されている。現在は約50種類の染料がある。
  • pH調節剤:アルカリ剤と呼ばれている。 毛髪に残留しにくいアンモニアが0~15%の濃度で含まれている。アルカリ剤には 二つの役割がある。一つは、キューティクルを開く(こじ開ける)。これによって染料や 過酸化水素などの有効成分が浸透しやすくなる。もう一つはメラニンの分解を促す。 過酸化水素のアシストになっている。
  • アルカリ度が強いヘアカラーをアルカリカラーと呼び、アルカリ 度が弱いヘアカラーを弱酸性カラーと呼ぶ。アルカリ度が強ければ強いほど、 キューティクルの開きが大きくなる。そのため髪のダメージが大きくなることに注意。 アルカリカラーは、ヘアカラーとしての効果は大きいが、髪のダメージが大きい。 逆に弱酸性カラーは、髪のダメージは小さいが、効果はアルカリカラーに比 べて小さい。
  • クリーム基剤:油脂類+界面活性剤。1剤全体を乳化さ せる(クリーム状にする)役割がある。取り扱いやすい上に、毛髪の 保護効果も高いことから、最近はクリーム状の製品のシェアが、 液状よりも大きい。
  • コンディショニング剤:湿潤剤、増粘剤。髪の栄養の流出を抑える。 ヘアカラー剤を使う際、キューティクルを開くので、髪の中にあるケラチンや 油分が流出してしまう。コンディショニング剤には、流出した髪の栄養を 補うために、油分やケラチンが配合されている。また栄養が流出しにく くするように、粘度や付着性を高める成分が配合されている。
  • 安定剤:酸化染料の劣化を防止する酸化防止剤が配合されている。システインなど。 また不純物としての金属は、製品を劣化させるのに、その防止にEDTAなどの キレート剤が使用させる。キレート剤は金属を包み込む(マスキングする)性質がある。
  • 香料:アンモニア(アルカリ剤)の刺激臭などを和らげる。
  • 溶剤:精製水、有機溶剤など。

染毛剤の成分 2剤タイプ

  • 酸化剤:過酸化水素水。日本では6%まで配合 が認められている。酸化染料を酸化し発色させる 役割がある。またメラニン色素を分解して脱色させる役割も担っ ている。
  • pH調節剤:一般的にリン酸が使われる。過酸化水素水はpHが大きいと 不安定になり、分解しやすくなってしまう。製品を保持するために酸性にして 安定に保つ。pHは2~3くらい。
  • 乳化基剤:油脂類+界面活性剤。クリーム状に役割がある。
  • 安定剤:フェナセチン。過酸化水素の安定剤として使用。
  • 溶剤:精製水、有機溶剤など。

ヘアカラー剤の毒性は農薬の140倍近くある

  • ヘアカラーの多くの化学物質
  • 内分泌攪乱物質=環境ホルモン
  • 頭皮に化学物質を付着させて、皮膚から吸収されてしまう。

子育て良品のヘナ

子育て良品ヘナ解説

沖縄県産無農薬ヘナ100%【おきなわヘナゴールドオレンジブラウン系】天然植物性ヘアートリートメント

髪の毛にツヤとコシを与えながら、白髪を美しく色付ける植物性ヘアトリートメントです。
・ヘナの葉に含まれる「ローソン」がたんぱく質と結合してコンディショナー効果を発揮します。
・天然成分%のため髪や頭皮を傷めず、健やかに保ちます。

沖縄県産ヘナとインディゴで明るいブラウン【おきなわヘナ ブラウン系】(ヘナ100%+藍)天然トリートメント

 

ヘナで白髪染

ヘナで白髪染

ヘナで白髪染(動画)

ヘナでアレルギー

  • ヘナタトゥーや髪を染める場合頭皮にヘナがつくことで、アレルギーで皮膚に湿疹がおきる場合もあります。
  • 自然素材でのアレルギーリスク
  • リスクを知って利用しましょう。