木枕や平床をおススメですが、首や肩こりがある人、腰が悪い人もやっても良いですか?

質問:木枕や平床をおススメですが、首や肩こりがある人、腰が悪い人もやっても良いですか?

答え:西式健康法は体のゆがみを治すのにとても有効です。痛みがあったり、こりがある人人こそやった方が良いです。ただし身体にゆがみがあるほど使い始めに不快に感じる可能性が高いです。

甲田光雄先生は3年間頭の横がしびれ続けていたそうです。それを耐えて、その後良くなったそうです。

私は数年前に腰痛で歩くのもつらくなった時には、固いマットレスや柔らかいマットレスなど腰痛に良いというマットレスをいくつか買いました。高反発マットレスがよいのか、低反発マットレスがよいのか、腰痛が良くなるという宣伝でいくつか買いました。今は、平床で快適に眠れています。硬い木の板に寝ることで寝ている間に体のゆがみをとってくれるのです。ただし仰向けに寝ていないといけません。

私も最初はよく眠れなかったり、木枕に横向きに寝て、耳が痛くなったりしました。今は快適に眠れます。普通の枕も横に置いておいて、木枕でよく眠れないときには普通枕で横向きになってみることもあります。長時間木枕に平床が難しい方は昼間の休憩に30分以内くらいで初めてみるのもよいかと思います。

木枕についての詳細はこちらのコラムもご参照ください。奇跡の枕~硬枕、木枕

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 琉球大学医学部卒業 / 2011年9月浦添総合病院退職、2011年11月ゆいクリニック開業
    【資格】産婦人科専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター