子宮内システム ミレーナ

ミレーナは子宮の中に入れて使用する、避妊または月経困難症や過多月経の治療が行える薬が添加された子宮内器具です。

バイエル薬品ホームページより:ミレーナ52mgは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム(IUS: Intrauterine System)です。低用量経口避妊薬(OC)の高い避妊効果と、子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を持っています。また、過多月経の治療薬として国内外のガイドラインですすめられています。現在では世界約130カ国で、延べ約3,900万人の女性が使用しています。

ミレーナ52mgに添加された黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜がぶあつくなるのを抑える働きがあるため、内膜は薄い状態のままとなり、月経量を減少させるとともに月経痛を軽くします。

ミレーナ52mgから出てくる黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜が厚くならないようにするので、内膜は薄い状態となり、妊娠の成立(受精卵の着床)を妨げたり、子宮の入り口の粘液を変化させて精子が腟の中から子宮内に侵入するのを妨げたりすることで避妊効果を発揮します。(注:ミレーナ52mgを避妊のために使用する場合には、保険は適用されません)

当院ではお産を経験したことの無い方でも月経困難症や過多月経、または避妊のためにミレーナを使用されている方もいます。また月経困難症や過多月経の治療として、漢方薬、栄養療法、低用量ピル、黄体ホルモン、ホメオパシーなどでの治療も行っています。お気軽に御相談下さい。