インフルエンザ予防接種 チメロサール フリー

チメロサール( thimerosal )は、殺菌作用のある水銀化合物で、以前はワクチンに保存剤として、よく添加されていました。しかし、最近では、日本でも、チメロサールを添加しないワクチンや、チメロサールを減量したワクチンが増え、チメロサールをワクチンの保存剤としてできるだけ添加しない方向にあります。

水銀の害については多量にとれば水銀中毒という問題がありますが、少量であれば問題ないといわれています。
でも、妊婦さんや小さな子供には少しでも悪いものの可能性があるものを、減らしたいと考えて、少しコストはかかりますが、チメロサールを含まない、チメロサールフリーのインフルエンザ予防接種を当院では採用しました。
料金は沖縄県のほかの予防接種を扱っているところとあまり変わらない金額に設定しています。

インフルエンザ予防接種自体が、インフルエンザ予防効果について議論があるところです。詳細はゆいクリニックのインフルエンザのページをご参照下さい。http://www.yuiclinic.com/shinryo/influenza/ http://www.yuiclinic.com/information/3891/

妊娠中の方は、免疫力が低下しているため、感染すると重症化しやすいという理由で、妊娠全期間を通じて接種が勧められています。しかし予防接種を過信せずに、他の予防方法を行うこともおすすめします。
オリーブ葉エキスなどのサプリメントをとるというのもよいかもしれないですね。

また手洗いうがい、体調を整えるというのがインフルエンザ予防には大切なので、是非気を付けましょう。