最強の甘酒

マキノ出版から、甘酒のムック本がでました。以前雑誌壮快に甘酒おでんのレシピを掲載してもらいましたが、本になったのでご紹介します。

玄米甘酒の作り方はゆいクリニックホームページに掲載しています。

甘酒おでんの作り方は具材は下記が多いですが、ホームページにも掲載があります。お好みで具材を増やしてみて下さい。

 

甘酒レシピ

玄米甘酒

甘酒のレシピと雑誌「壮快」の掲載記事

1.玄米        1合

2.米麹(乾燥または生)100g(甘みを強くしたければ150g)

3.水 400㎖

4.水(追加) 200㎖

  • 玄米を常温で約24時間水につけて発芽させる。その間に2回水をかえてください(朝から水につけたら夜一回水をかえて、翌朝再度水をかえて水の濁りをとってから炊き始める。市販の発芽玄米は酵素阻害作用があるので避けてください。
  • 炊飯器に玄米と水を入れ玄米がゆを炊く。鍋の場合は、鍋に玄米と水を入れお湯が沸いて蒸気がどんどん出てきたら、火を止めて鍋に蓋をして1時間蒸らすことがおすすめです。省エネで美味しい玄米がゆができます。
  • 炊き上がった玄米がゆに追加分の水を加え、約60℃くらいに冷まし、米麹を加えて混ぜ合わせる。
  • 炊飯器のふたを開けたまま、ほこりが入らないようにふきんをかけて、炊飯器の保温モードで約8時間保温したら完成。時々かきまぜて温度が上がりすぎないようにして下さい。
  • ※冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1か月ほど保存できます。

甘酒おでん

  • 材料(4人分) ・干ししいたけ 4枚 ・昆布(6cm長さ) 4枚 ・高野豆腐 4枚 ・にんじん 1本 ・大根 6cm ・こんにゃく 1枚 ・しょうゆ 70ml ・干ししいたけの戻し汁+水 1リットル ・甘酒 300ml
  • *干ししいたけ、昆布、高野豆腐は水でもどし昆布は結ぶ。こんにゃくは三角形に切る。
  • 〈おすすめプラス食材〉 ・鶏手羽先 ・骨からだしが出るので濃厚な味になる。
    ・干しエリンギ・ きのこ類は、紫外線に当てるとビタミンDが増え、カルシウムの吸収を助けて骨を丈夫にするのに効果的。
  • *練りものは要注意。市販のちくわやさつま揚げには、添加物や化学調味料、塩分が多く含まれたものも。できるだけシンプルな原材料で、減塩、無添加のものを選んで。

甘酒おでん作り方

(1)鍋に甘酒以外の材料をすべて入れる
(2)鍋を中火にかけ、沸騰したら火を止める。鍋を毛布などでくるみ数時間保温する。
あれば保温調理なべを使用。圧力鍋を圧をかけずに火を止めた後密閉してもよい。
(3)具材がやわらかくなったら、軽く温め直して甘酒を入れ、味をなじませていただく。