いつも食べている加工品に注意!~遺伝子組み換え食品について

※厚生労働省HPより:遺伝子組み換え食品(GMO=Genetically modified organism)とは

遺伝子組換え(組換え DNA 技術応用)食品とは、他の生物から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、その性質を持たせたい植物などに組み込む技術(遺伝子組換え技術)を利用して作られた食品です。現在、日本で流通している遺伝子組換え食品には、①遺伝子組換え農作物とそれから作られた食品、②遺伝子組換え微生物を利用して作られた食品添加物があります。DNAを切断する人工酵素をつかって、DNAに突然変異を起こさせるゲノム編集技術を用いて、遺伝子突然変異を起こさせるゲノム編集は遺伝子組み換え食品ととらえる場合とそうで無い場合があるそうです。

国内で主に流通・消費されている遺伝子組み換え作物

代表的な例としてトウモロコシ、大豆、じゃがいもが挙げられます。これらは遺伝子組み換えによってより枯れにくく、ウイルスに強いようになっています。

  • ジャガイモ:害虫抵抗性、ウィルス抵抗性
  • 大豆:除草剤耐性、高オレイン酸形質
  • てんさい:除草剤耐性
  • トウモロコシ:害虫抵抗性、除草剤耐性
  • なたね:除草剤耐性
  • わた:害虫抵抗性、除草剤耐性
  • アルファルファ:除草剤耐性

遺伝子組み換え食品には表示義務あるが、油やしょうゆなどの加工品にはない

食品衛生法及び JAS 法(農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)に基づく表示制度により、平成 13 年(2001 年)4月から表示が義務付けられています。表示義務の対象となるのは、大豆、トウモロコシ、ジャガイモ(ばれいしょ)、ナタネ、ワタ(綿実)、アルファルファ及びてんさいの7種類の農産物と、これらを原材料とした加工食品 32 食品群です。大豆およびとうもろこしについては、5%以下の混入は表示不要。遺伝子組換え農産物が主な原材料(原材料の上位3位以内で、かつ、全重量
の5%以上を占める)でない場合は表示義務は不要。米や小麦とその加工食品については遺伝子組み換え食品でないという表示は出来ない。(商業用の米や小麦の遺伝子組み換え食品は流通していない)

「毒だらけ」内山葉子著

害虫抵抗性、除草剤耐性は作物の蛋白構造を変化させる

作物が虫に食べられないように遺伝子組み換えされた作物や、除草剤で枯れないようにさせた遺伝子組み換え作物が作られています。昆虫やウィルスや最近の遺伝子を組み込むことで、その作物のもつ蛋白構造を変えてしまいます。そのため、遺伝子組み換え食品を身体は食物と認めず、異物とみなして、免疫システムで攻撃します。自分の細胞まで攻撃してしまうなどの混乱を引き起こして、アレルギーや自己免疫性疾患、ガンを引き起こす可能性もあるなどが心配されます。自閉症やADHD、小児癌と遺伝子組み換え食品との関連も可能性が考えられます。

世界中に出回っている遺伝子組み換え食品

大豆、トウモロコシ、キャノーラ、てんさい糖、コーンシロップの原料は遺伝子組み換えが多い。コーンシロップから作られるブドウ糖液糖果糖は遺伝子組み換えだと思った方がよさそう。

農薬グリフォセートの害

遺伝子組み換え食品は農薬グリフォセートという除草剤で枯れないようにされた作物が多く開発されています。

  • 大豆:除草剤耐性、高オレイン酸形質
  • てんさい:除草剤耐性
  • トウモロコシ:害虫抵抗性、除草剤耐性
  • なたね:除草剤耐性
  • わた:害虫抵抗性、除草剤耐性
  • アルファルファ:除草剤耐性

これらの作物は多くのグリフォセートが使われると思って良いです。グリフォセートは、腸内の善玉菌を殺して、病原菌の成長を促します。それにより、ちょうの炎症を引き起こして、腸粘膜が異物を身体の中に入れないようなバリアーが壊れてしまうリーキーガット症候群(腸もれ状態)を引き起こして、様々な体調不良を引き起こす可能性があります。また、グリフォセートは酵素の邪魔をして、腸内細菌の成長を邪魔してしまいます。また、解毒に必要な酵素を邪魔して、身体に大切な、鉄、コバルト、マンガンなどのミネラルを排出してしまいます。その他の酵素の邪魔もして、免疫の異常やアレルギー反応が起こりやすくなってしまう。

「遺伝子組み換え作物ではありません」でも混ざっている?!

大豆およびとうもろこしについては、5%以下の混入は表示不要。遺伝子組換え農産物が主な原材料(原材料の上位3位以内で、かつ、全重量
の5%以上を占める)でない場合は表示義務は不要。

遺伝子組み換えは危険じゃないとYouTubeで言ってましたがどう思いますか?

遺伝組み換え食品が問題ないということは、厚生労働省やそのほか有名人含めて多くの人がそのように言っていると思います。ですが、遺伝子組み換え食品の歴史は浅く、たんぱくを変えてしまうようなものをたべて、人間の体の免疫含めて異常が起こらないと断言できないと思います。また今後数十年かけて、私たちは新しい食品添加物や遺伝子組み換え食品などの未知の食べ物を食べて、壮大な人体実験のもとに生活していると言えると思います。それで、最終的な結論は数十年後に出たとして、結果的に有害だという結論が出たとしても、もう手遅れですよね。ですから、できるだけ避けるべきだと思います。

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。