月経カップの感想紹介します!

月経カップについての感想を頂いたのでご紹介します。

月経カップの感想

先日先生に、月経カップをお薦めされて使ってみました。

私は、最近月経カップを使ってみました。

匂いや、出血の不快感等、今までは当たり前のように毎月我慢していたものが。。。こんなに軽減されるとは思いませんでした。

なぜ、みんな使わないの!?こんなに快適なのに!!

友達に勧めて見るとみんな、意外と反応が悪かったです。

なぜだろうと、疑問に思いました。

多くは、生理用品の吸収剤等が身体に悪影響がある事を知らないのと、自分の体を知ろうとしないのだと感じました。

そしてみんな口々に「身体の中から出てこなくなったら怖い。」

「タンポン使わない人なので。」「ナプキンで事足りてる。」

違うんだよな。。。ナプキンともタンポンとも全く別物なのにな。。。

実際使ってみたら、ナプキンではちっとも足りてないことに気付かされました(笑)

もっと、若年層から変えて行けたら良いのに。

自分の体を知る。外とではなく自分と向き合う文化があれば良いのにな。。と感じました。

小学校の初潮も早くなって来ていると聞きます。性の授業の一環として学校でもこんな話をしてもらえたら嬉しいです。

教えて頂き本当に感謝しています。ありがとうございました。

月経カップの教科書「私たちの月経カップ」のご紹介

月経カップの教科書「私たちの月経カップ」のご紹介

「生理グッズ」布ナプキン、月経カップ、月経ショーツの紹介。

「生理グッズ」布ナプキン、月経カップ、月経ショーツの紹介。

生理痛やおりものをひどくする○○!

生理痛やおりものをひどくする○○!

腸内環境を良くしましょう!

腸内環境を良くしましょう!

 

関連コラム

女性外性器(外陰部)の洗い方

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。