「生理グッズ」布ナプキン、月経カップ、月経ショーツの紹介。

琉球新報さんの取材がありました

デジタル版では2021/10/11ガールズデーにちなんだ記事で掲載。
新聞のお休みで2021/10/13紙面で掲載。

月経カップ、布ナプキン…どう使えばいい?産婦人科医に聞いた

月経カップと月経ショーツ

  • 思春期から更年期までの長期にわたり、ほとんどの女性は避けては通れない生理(月経)。日々の生理用品や、生理痛など月経困難症の治療も多様化し、対応への選択肢は増えている。産婦人科医は「しんどい状態を我慢しなくていい」と、生理用品の選択や医療機関への相談を呼び掛ける。
  • 沖縄市の産婦人科ゆいクリニックの受け付けにある棚には、白やピンクの小さな釣り鐘のようなものが並ぶ。膣に入れて経血をためるシリコン製の月経カップだ。ネットや雑誌で話題に上るが、県内で実物を目にすることは少ない。このクリニックでは見本として展示し、手に取って大きさや質感を確認できる。窓口の職員は「『使うとどんな感じ?』とよく聞かれる」と言い、関心は高いようだ。
  • 島袋史院長によると、生理時の痛みやかゆみ、日常的なおりものなどに悩む人は多く、中には生理用品に変えることで症状が改善する人もいるという。使い捨てのナプキンやタンポンが肌に合わない人もおり、これらの代わりに布ナプキンや月経カップを提案している。

インテグロ

インテグロ

エヴァウェア

 

  • 今までの常識を変える下着
  • 吸収型サニタリーショーツ
  • 最大でタンポン約2本分(約20ml)を吸収。見た目やはき心地はいつものショーツと変わりません。 絶対モレたくない夜も朝まで安心。ナプキン、タンポン、月経カップなどのバックアップとして最強アイテムです。

月経カップとは

  • ナプキンやタンポンに替わる新しい生理用品。
    快適、安心、ニオイなし、最長12時間使用できます。
    繰り返し使えるため、お財布にもやさしく、地球にもやさしい。

月経カップは、鈴のような形をしていて、タンポンと同じように腟内に挿入し経血をためて使用します。ラテックス(ゴム)や医療用シリコーンなどの素材で作られており、カップは洗い流して繰り返し使えます。

月経カップの素材

  • 月経カップは腟内に装着して使用するため、腟の粘膜に長時間触れるものだけに、月経カップを選ぶときには、どのような素材が使用されているのかは重要な要素のひとつです。
  • 世界の月経カップの最も一般的な素材は、医療用シリコーンとTPE(熱可塑性エラストマー)です。どちらも優れた素材で、外観は一見どちらも同じように見えるのですが、実は全く違う特徴があります。

TPE(熱可塑性エラストマー)

素材そのものがシリコーンと比べて安価。

  • 製造工程が少なく迅速な加工が可能なため、エネルギー消費が抑えられる。
  • 再成形して容易に着色することができる。
  • 使用後に溶かしてリサイクル可能。
  • 軽くてやわらかい。
  • 時間が経つと形状が失われる。
  • 色移りやニオイ移りがしやすい。
  • 耐熱性、耐油性、耐摩擦性が低く、劣化が早い。
  • TPE製の月経カップの寿命は3〜5年といわれる。

医療用シリコーン

  • 素材そのものがTPEより高価。
  • 製造工程の最後にシリコーンを硬化させるためのコストがかかる。
  • 形状を維持できるため変形しにくい。
  • 耐熱性、耐久性が高く、劣化しにくい。
  • 医療用として生体適合性(材料を生体内に使用した際に、材料が生体に優しく副作用など有害な影響を与えない)が立証されている。
  • シリコーン製の月経カップの寿命はTPEより長い。(約10年間)

関連コラムや動画

生理痛やおりものをひどくする○○!

コラム

YouTube

月経カップ 生理カップ

コラム

ゆいクリニックオリジナル布ナプキン

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 琉球大学医学部卒業 / 2011年9月浦添総合病院退職、2011年11月ゆいクリニック開業
    【資格】産婦人科専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター