ブラッシングや海藻は健やかな髪の毛に関係していないのでしょうか?

質問:ブラッシングや海藻は健やかな髪の毛に関係していないのでしょうか?

答え:

ブラッシングがきれいな髪に良いとありますが、髪の健康に関係しているかは?だと思います。ブラッシングはやり方に要注意です。ブラッシングはやり方によっては髪を傷めることになるかと思います。オイルやヘッドマッサージローションを使って、頭皮からマッサージをして、「ツゲのくし」でやさしく髪をすくのが私のお勧めです。かみつれんヘッドマッサージローションをゆいクリニック受付で販売中です。是非利用してみてください。髪の健康のために海藻の効果は即効性はないですが、海藻は是非摂った方がよい栄養がたくさん含まれています。特にもずくはお勧め食材です。髪の毛のためだけで無く、健康のためにも海藻を積極的に食べましょう!また健康な髪のために必要な栄養は海藻に含まれる栄養だけでなく、他の食材からタンパク質やビタミンもしっかりとることがお勧めです。

薄毛対策のコラム

薄毛が心配で亜鉛サプリを摂ったりヘッドマッサージもしていますが、髪を増やす方法があれば知りたいです。

頭もみ、頭皮マッサージとこめかみゆらしのすすめ(雑誌壮快2022年2月号)

頭もみ、頭皮マッサージとこめかみゆらしのすすめ(雑誌壮快2022年2月号)

お勧め海藻類:

もずく(一番おすすめ!)、わかめ、めかぶ、ひじき、昆布など

海藻に含まれる栄養

海藻にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。
特にミネラルが豊富であり、その中でも、鉄やカルシウム、ヨード(ヨウ素)などを多く含んでいます。ほかにも、食物繊維が豊富に含まれています。海藻に含まれる栄養で免疫力アップにも効果的です。

ヨード(ヨウ素)について

甲状腺ホルモンの原材料になる栄養です。新陳代謝を促進する効果や、成長ホルモンを活性化させる効果があります。ただし、1日に必要な摂取量は多くないため、摂り過ぎは、甲状腺の機能を低下させてしまう可能性があります。

海藻とりすぎの目安

時に一日10mgとったとしても、1週間当たり 20 mg 程度までにしましょうと勧められています。昆布には、100g(1枚あたり)で約1.7mgのヨードが含まれているため、毎日2枚以上食べると過剰摂取となる可能性があります。そのため、たくさん食べすぎないよう、気をつけましょう。日本人の食事摂取基準(ヨウ素についてはP335-340|厚生労働省より)

海藻は出来るだけ加熱しないで

海藻の栄養成分は、熱に弱い性質を持つものが多いです。そのため、海藻の健康効果を十分にとるために、できるだけ生で食べることがお勧めです。もずくやわかめは生でいろんなレシピをあげています。味噌汁に入れるときにはなるべく汁をわかさないようにして、海藻の栄養をしっかりとって、元気になりましょう

お勧め海藻レシピ

もずく、ゆいクリニックで検索

もずく納豆の大根おろし

モズクの酢の物

わかめ、ゆいクリニックで検索

ワカメの辛子和え

紫玉ねぎとワカメの甘酢和え

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。