株式会社玄米酵素主催「安部司先生」の食品添加物セミナーを聴講しました!

食品添加物の本をたくさん書かれて有名な安部司先生の食品添加物についてのセミナーを受講しました。主催は株式会社玄米酵素でした。

玄米酵素とは

⚫玄米・胚芽・表皮を麹菌によって発酵させた、消化のよい食品です。

⚫健康に必要な栄養素が40種類以上含まれており、白米を食べていても玄米酵素を補えば玄米食以上の栄養価値が生まれています。

⚫玄米が健康に良いことは分かっていても、なかなか玄米食に切り替えられなかったり、消化が難しい小さい子供やお年寄りでも安心してたべられます。

安部司先生

ベストセラー食品の裏側の著者であり、食品添加物において数多くの講演をを行っています。通常はメディアにでない(食品添加物界のはまだしょうごだそうです)のだそうですが、今回コロナで特別にオンラインセミナーを開催されました。安部司先生は以前は食品添加物のセールスマンとしてバリバリ働いていたけど、自宅の食卓に自分が開発に関わったミートボールを発見し、自分の子供たちに食べさせたくないものを自分が作っていたということに気がついて、会社をやめて食品添加物の問題を伝えるようになったのだそうです。

安部司先生の著書

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物

世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ: 「食品のプロ」が15年かけて考案!「魔法の調味料」で本気の時短!しかも無添加102品! 

「どうすれば手抜き料理で、おいしい家庭料理が作れるか」書き溜めた膨大なレシピノートの中から、厳選した102品を紹介!

超加工食品

自然とかけ離れた食品添加物たっぷりの食べ物。ファーストフードやコンビニのおにぎり、ファミリーレストランのハンバーグ、冷凍食品餃子、加工度がとても高い食品のこと。

  • すぐに食べたり飲んだりできる。簡単に温めて食べられる。
  • 口当たりがよい。
  • おしゃれな包装
  • 健康的だとうたっている。
  • 全世代的にマーケティングされている。利益率が高い、
  • 調理済み食品

パリ大学10万人の追跡で、超加工食品の摂取が10%増で、12%がんのリスク増加すると報告された。

とりすぎ3兄弟 塩、油、糖、添加物

日本人は昔はこんなにたくさん塩や油や砂糖、人工的な油など摂りすぎになっている。そんなにたくさんの塩や油、砂糖をとれないはずなのに、添加物を加えることで味がかわって摂りすぎになってしまう。

食品添加物グループ4分類、添加物4500以上ある。添加物をすべて覚えられない。それに食品添加物が身体にわるいと特定の食品を取り上げると証拠を出せと言われてしまう。まずは塩と油と砂糖がたっぷり入った超加工品について知ろう!

塩っ辛い、油っこい、甘ったるいを添加物が打ち消してしまう。

添加物で形を変えてしまうので、塩っ辛い、油っこい、甘ったるいものもとれてしっまう。コップ半分の油、羊羹一本は到底食べないが、子供が2Lの清涼飲料水を飲んでコップ2杯分の砂糖を摂ってしまったりしている。

塩分の黄金トリオ=食塩、化学調味料、たんぱく加水分解物

一日20gの塩を摂っている人がざらにいる。ミネラルのない食塩、GMO,が含まれる。

絶対塩度、と舌感塩度

添加物をいれると塩辛さがわからなくなる。塩がおいしく感じてしまう。塩がたくさん入って、添加物をたくさんいれるとおいしさを感じる。塩を減らすと食品添加物の味が生きてこなくなる。梅干しは18%の塩分だが、たくさん食べるわけではない。発酵食品なので、一日3,4個食べても良い味噌汁いっぱいで1.5g程度。塩を怖がる必要はないが、超加工食品の塩は摂りすぎに要注意である。

即席めんの塩分は海水濃度より高い塩分濃度だったりするが、そんな塩辛いスープをおいしく飲んでしまったりする。かつおだしに塩が入っていたりする。鶏がらスープに化学調味料と塩が入ってしまっている。日本食の文化ではだしにはしおは入っていなかった。

たん白加水分解物はほとんどの加工品に入っている。ベースに食塩が入ることでうまみがでる。とにかく安い塩をつかって、増量して味をこくするために使われる。

原材料:食塩相当量の表示となっている。以前はナトリウムという表示だったのでわかりにくかった。カップめんに8g、低くても5.5gなど。絶対塩度はものすごく高いが、添加物でスープも飲めてしまう。冷凍めんでも、食塩7.6gふくまれていたりする。

【食品添加物の危険性】食品添加物に気をつけましょう!~蛋白加水分解物について~

たんぱく加水分解物=様々なアミノ酸を主成分とし、加工食品の調味目的で使用されるもの。分類上は「食品」で、食品添加物ではない。「たんぱく加水分解物」は、「加水分解」という比較的単純な加工で製造されることなどから、添加物ではなく、食品に分類されている。 「たんぱく」を含んだ原料(肉や魚の加工で残った部分)や大豆たんぱく、小麦たんぱく、とうもろこしなどを加水分解するとアミノ酸が得られます。この加水分解の方法としては、塩酸を用いる。

【食品添加物の危険性】食品添加物に気をつけましょう!~蛋白加水分解物について~

油もとりすぎている

油は見える油と見えない油がある。米や食品にふくまれる油はみえない油。見える油はてんぷらやドレッシングなど。カップラーメンの麺はフライにされている。これが麺の油分の3割に含まれる。

ショートニングに水溶性の乳化剤をいれてバターフレーバーをいれるとマーガリン、フレーバーを変えるとチョコレートの増量剤にもなる。

安い菜種油や大豆油を水素ガスを吹き込んで固形の飽和脂肪酸にするのがトランス脂肪酸。そのままだとすぐに酸化するので、賞味期限が短いが、加工することで、賞味期限が長くなる。

トランス脂肪酸

コーヒーフレッシュは水と油と添加物の塊。水と油は混ざらないが、ポリグリセリン酸エステル、これを混ぜて、増粘多糖類(おがくずの一種)を混ぜるとどろどろになってコーヒーフレッシュになる。(腰の強いうどんは増粘多糖類のおかげ。)

マーガリン、ファストスプレッド、

サラダクリーミードレッシング、半固形状ドレッシング(タルタルソース、お好み焼きソースなど、マヨネーズもどき)

マヨネーズの8割油、ハーフカロリードレッシングは添加物がより多いマヨネーズ

サラダ油

遺伝子組み換え食品100%のサラダ油、遺伝子組み換えについて表示義務がない

ホイップクリーム

ホイップクリーム:牛乳、乳製品、植物油脂、乳化剤、メタリン酸Na、香料、きれいに泡立って、きれいなクリームになる。

くちどけチョコ、バター風ソースなどは乳化製品

ショートニングは食用植物油脂、乳化剤が入っている。

おいしそうに見えるパイや菓子パン

チーズクリームパイには脂質37%含まれる。菓子パンの商品にたくさんのトランス脂肪酸が含まれる。いつまでもしっとりするパンに、トランス脂肪酸が含まれている。女性がお菓子を食べて、トランス脂肪酸を摂りすぎている。コンビニスイーツにトランス脂肪酸たっぷり。女性の心臓病が増えている。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は死亡酸?!

摂りすぎ砂糖

清涼飲料水、無果汁飲料などに多量の糖が含まれる。500mlで売っているが、100mlの原材料で表示されていたりする。500mlあたり50gの砂糖を摂ることになる。砂糖がコップ半分くらい入っていたりすると考えられる。コップ半分の砂糖は到底飲めないが、50gの砂糖を500mlにといてクエン酸1g入れると飲めてしまう。炭酸水でとくとサイダー。今は砂糖ではなく、ブドウ糖液糖がさっぱりしておいしいということで多量に使われている。多量の糖質をとって、反応性低血糖がおこって、体調不良をきたしていたりする。

人工甘味料も問題

「「カロリーゼロ」はかえって太る! 」大西 睦子著など。

人工甘味料を避けて!

今日からできる!家庭で添加物を上手に減らす

  • 非伝統的なものはさけて
  • 不自然な食べもは控えよう
  • 未経験な食べ物は控えよう

日本の伝統食品をとろう、壮大な人体実験に耐えた食べ物をとろう!

少食、和食、粗食、薄味、面倒くさくて不便で、それが昭和の食べ物で、安部ごはんがおすすめですとのこと。

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。