生活習慣病予防に「ナス」がおすすめ

YouTubeで見る方はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=9r4w-rk_WVw

ナスはカロリーと脂肪が非常に少ないですが、可溶性食物繊維の含有量が豊富です。

サンパウロ州立大学生物学研究所で行われた調査研究によると、 ブラジルにて、ナスが血中高コレステロールの抑制に効果的であることが示唆されました。
ナスの皮の部分(紫色のところ)には、アントシアニンと呼ばれるフェノール性フラボノイドフィトケミカルが大量に含まれています。 科学的研究は、これらの抗酸化物質が癌、老化、炎症、および神経学的疾患に対して潜在的に健康に良い影響を与えることを示しています。

茄子の皮の部分には、パントテン酸(ビタミンB5)、ピリドキシン(ビタミンB6)、チアミン(ビタミンB1)、ナイアシン(B3)など、ビタミンの必須B複合体グループが多く含まれています。 同様にマンガン、銅、鉄、カリウム。 マンガンは、抗酸化酵素スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の補因子として使われます。 カリウムは重要な細胞内電解質であり、ナトリウムの高血圧作用に対抗するのに役立ちます。

このような栄養豊富なナスなので、ダイエットにも、生活習慣病予防にもお勧めです。以下はゆいクリニックで紹介している茄子のレシピです。また、ビタミンは熱を加えると壊れてしまうので、火を使わないピクルスもお勧めです。ナス味噌http://www.yuiclinic.com/cooking_recipe/4677/

豚ひき肉とナスのラザニアhttp://www.yuiclinic.com/cooking_recipe/4415/

ピクルスレシピ紹介はこちらの記事http://www.yuiclinic.com/information/5768/

野菜のピクルス

野菜の例: ナス、大根、赤かぶ、キャベツ、人参、玉ネギ、ゴーヤー、セロリ、冬瓜、モウイ、キュウリ、ビーツ、ピーマン、パプリカ、インゲン、パパイヤなど

材料:野菜600g、塩10g 酢液(以下の材料を合わせる):酢50~100g  ハチミツ又はオリゴ糖25~50g

野菜のピクルス作り方

  1. 好みの野菜をカットして塩に漬ける。(約一時間)
  2. 水分が出てくるのでしぼる。
  3. 酢液に漬ける(3~4時間で食べられます)※一日漬けるといっそう美味しくなります。※3日~5日はもちます。

お酢やはちみつの量はお好みで変えてもらってかまいません。このピクルスレシピの野菜にナスをつかえば、ナスの酵素ビタミンを壊さずにしっかりと栄養が取れます。