日本の葉酸サプリメントは効かない!葉酸と葉酸塩の違い

妊娠前からの葉酸サプリメントの推奨

妊娠前や妊娠初期には赤ちゃんの神経管欠損症予防のために葉酸サプリメントを摂りましょうと勧められています。
でも、日本で販売されていたり、処方できる葉酸のサプリメントやお薬(フォリアミン 5mg(葉酸500μg/錠含む))は葉酸のみしか扱われておらず、より身体が利用しやすい葉酸塩は海外から取り寄せしないといけない状況です。
葉酸はいっしょくたに葉酸と言われていますが、実は様々な形があるのです。
日本で販売されている葉酸は合成されたものであり、体内ではそのままでは機能しないのでたくさんの代謝経路を経ないといけないのです。

日本の葉酸には代謝が必要

日本で販売されている葉酸( Folic Acid)は合成されたものであり、体内ではそのままでは機能しないのでたくさんの代謝経路を経ないといけないのです。日本で一般的に販売されている葉酸は利用できる形になるまでに時間がかかる上に、過剰な葉酸は体内に蓄積されて害を及ぼすこともあると言われています。
葉酸をとっても全く意味がないというわけではないですが、この情報を知ってから、今は市販の葉酸のサプリメントではなく、葉酸塩をとるために生で葉野菜を食べましょうと患者さんにお勧めしています。

葉酸の代謝経路

人間は葉酸( Folic Acid)そのものを体内で使うことができません。葉酸( Folic Acid)は肝臓内で生理活性の高いメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換されないと体内で利用されません。この変換にはいくつかのステップを踏まないといけません。そして酵素、肝臓、小腸の健全な機能。また十分なビタミンB2,B3,B6、ビタミンC,セリンが必要です。肝臓内で葉酸( Folic Acid)がメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換されると、一度小腸に分泌されます。そして再度、小腸から吸収され体中へと行き渡ります。

 

葉酸代謝が難しい場合

酵素欠陥、吸収障害、消化不良、肝臓病、栄養不足、甲上腺機能低下、ビタミンB欠乏は葉酸( Folic Acid)をメチル葉酸塩(Methyl Folate)に変換するのが難しくなります。特にメチル化テトラヒドロ葉酸塩還元酵素という長い名前の酵素が欠損していると完全にメチル葉酸への変換がきかなくなります。実は、人口の5%がこの酵素の欠損を持っていると言われています。また他の症状にもいえますが、老化によっても葉酸( Folic Acid)のメチル葉酸塩(Methyl Folate)への変換効率が低下します。

遺伝子多型 (SNP スニップ)

人には色んな遺伝子の細かい変化が有り、それを遺伝子多型 (SNP スニップ) と言います。この異常があると葉酸を葉酸塩へ代謝できず、実はこのような異常を持っている人はかなり多いという事が分かっています。代謝されない葉酸は機能しないのです。そして葉酸を利用できずに、代謝されない葉酸は機能しないだけでなく、身体の中で循環して、有効な葉酸の働きを邪魔してしまう可能性があるのです。
胎児の2分脊椎などの神経管障害の予防には葉酸も効果があると言われていますが、過剰な葉酸は身体に害を及ぼす可能性があると言うことです。

葉酸サプリメントで自閉症が増える?!

代謝されない葉酸がメチル葉酸の働きを邪魔することで、自閉症が増えているという報告があります。

お勧めの葉酸摂取方法

  1. 食品から葉酸を摂る。
  2. 海外産の葉酸塩のサプリメントを個人輸入して摂る。
  3. 食材からできた自然なサプリメントを摂る(クロレラなど)。

食品から葉酸をとる

なかなか食事からだけでは十分に摂取できないのが現状です。でも少しでも多くとるように心がけることは大切です。食品から葉酸をとるためには、生でとるのがポイント。加熱すると葉酸は壊れてしまいます。レバーにも葉酸含まれますが、レバーは老廃物がたまるところなので少しずつ取る分にはよいですが、栄養をとるためにとがっつりととることはあまりお勧めしません。
葉酸の多い食品:パセリ 酒粕 そら豆 こねぎ 焼きのり ほうれん草(生)(シュウ酸が多いので控えめに)日本茶(玉露) わけぎ うなぎ(きも)あさつき クレソン にんにくの茎 サニーレタス えだまめ  納豆 わかめ(素干し) モロヘイヤ しゅんぎく(生) たまごの卵黄 ブロッコリー たたみいわし 芽きゃべつ アスパラガス ケール

葉酸塩サプリメントで葉酸をとる

L-5-methyltetrahydrofolate

そのまますぐに葉酸回路で利用できる形のサプリメントが海外では販売されています。そしてもしとるのであれば、たくさんある葉酸のサプリの中でも、 L-5-methyltetrahydrofolate を選ぶようにしましょう。葉酸には様々な形があり、表記に注意しましょう。Folic acidは避けるようにしましょう。Folinic AcidはFolic acidよりは代謝されているので、まだよいですが、MTHFRの異常がある人は使えない可能性があります。なのでL-5-methyltetrahydrofolate がよいでしょう。また、葉酸代謝経路にはビタミンB2,B6、ナイアシン、セリンなどの栄養も必要です。ビタミンB12不足があっては他の代謝経路が働かず、葉酸代謝経路にも悪影響があります。葉酸をとるときにはL-5-methyltetrahydrofolateを含んだ複合ビタミンでとることもお勧めです。個人輸入が一人でできないという人には、ゆいクリニックでは、ビタミンB複合サプリメントやL-5-methyltetrahydrofolateと活性型ビタミンB12の複合サプリメントなども紹介しています。必要な方はご相談ください。

Methylfolate は、iHerbなど個人輸入サイトで購入可能です。iHerbhttp://jp.iherb.com/
紹介コードを利用して購入した場合は、初回購入割引きを受けることができます。 紹介コード  QNN489) 紹介コードを利用したiHerbサイトhttps://www.iherb.com/?rcode=QNN489

海外葉酸塩の表記の例

食材からできた自然なサプリメントを摂る(サンクロレラ)

クロレラなど食品のサプリメントをとる。クロレラは食品からの葉酸摂取にあたります。メチル葉酸の邪魔をしません。自然な食品からのサプリメントなので、安心できるサプリメントです。代謝が必要ではありますが、ゆいクリニックで妊婦さんにクロレラをとってもらって、血中濃度をチェックしたところ、全員葉酸血中濃度が上昇していました。含まれている量は多くないですが、とても有効だと考えられます。サンクロレラは屋外培養で細胞壁破砕されていて、吸収が良いそうです。https://sunchlorellashop.jp/chlorella/chlorella-about/?utm_source=gaw&utm_medium=cpc&utm_campaign=adfex&gclid=EAIaIQobChMIxPPxjIiF6wIVoNVMAh2lSwH3EAAYASACEgJ1_vD_BwE

栄養を摂るために

•食事やサプリメントを摂取する場合には栄養を吸収出来るように腸をよくしないといけない。
•おなかにカビが多いとサプリメントの効果が得られない。
•身体に悪い食品、カビを増やす食品を控えて、よく噛んでバランスの良い食事をしましょう。

YouTubeで講義を見る方はこちら

ショートバージョン

ロングバージョン