良い睡眠をとりましょう!

睡眠の質を高めるコツをご紹介します。

よい睡眠をとるためのおすすめ

  • 朝起きたら太陽の光を浴びる。(体内時計を毎日正しくセットする。)
  • 夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。
  • 日中の適度な運動はよい睡眠に効果的。
  • 寝る前に軽いストレッチをする。(やり過ぎると神経を高ぶらせるので注意)。
  • 眠くなったらすぐに床につく。
  • 夜22時から3時は熟睡できるように早めに布団に入る。
  • カフェイン(お茶、コーヒー、チョコレート、コーラ)などの刺激を制限する。
  • 禁煙する(寝ていてもニコチンが切れると神経が高ぶる)。受動喫煙も避ける。
  • ゲーム、テレビ、インターネット、音楽などは脳への刺激が強いので、寝る一時間前には避ける。
  • ブルーライトを避ける
  • 寝るときにはWIFIを切る。
  • 電磁波を避ける。
  • 暑ければ部屋を涼しくし、頭を冷やす。首は冷やさない。首を冷やすと頭がさえて、よい睡眠には逆効果。
  • 寝る2~3時間前までの食事を終える。
  • 寝る1~2時間前に入浴する(熱い風呂は避ける)。38~40度、42度だと興奮してしまう。
  • 睡眠導入剤代わりの寝酒は不眠のもとになるので避ける。お酒は睡眠を浅くする。お酒の耐性により量が増えていく。
  • 寝具、特に枕を変える。寝室は眠る時のみに使用する。
  • 身体にやさしいふらの布のシーツや毛布を使用する。
  • マッサージが有効。3~5回くらいでも効果有り、マッサージはしばらく続けるのが良い。
  • 昼寝は30分程度にする。それ以上は夜の睡眠に悪影響を及ぼす。 良い睡眠で6~8時間寝る。
  • よい栄養をとる。(ビタミンBなど)
  • 腸をよくする
  • 身体を締め付けるものはつけない。
  • 眠れなくてもシャバーサナポーズで休憩する。足を内旋させて休む。
  • 自然音のCDをかける。(ゆいクリニックの受付で販売しています)
  • アーシングをする
  • ホメオパシーで治療する。
  • 漢方薬睡眠薬など