加工肉は避けましょう!~活性酸素と肉食について

WHOの発表 2015年加工肉と赤肉に発がん性あり 加工肉とはベーコン、ソーセージ、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキー、ハム、肉の缶詰、肉ベースのソースなど 毎日食べた場合、50グラムごとに大腸がんを患う確率が18%上昇する 主に大腸がんが多いが、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの関係性 日本ナチュラル・ハイジーン普及協会http://natural-hygiene.org/  癌や心臓病と肉食との関連を啓蒙。その他健康へのアドバイスあり チャイナスタディーフィットフォーライフ 新谷弘美先生の著書「病気にならない生き方」 活性酸素を体内に過剰に発生させない

動画で講義を見る方はこちら

この記事を書いた医師

島袋 史 (ゆいクリニック院長)
  • ゆいクリニック院長
  • 島袋 史
  • Fumi Shimabukuro
  • 【資格】日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、ホメオパシー認定医、新生児蘇生法インストラクター。1970年東京都生まれ、1989年大学入学のため沖縄へ。1995年、琉球大学医学部卒業。琉球大学産婦人科入局。沖縄県内にて研修後、2011年にゆいクリニックを開院。4児の母。小児科医の夫と共に、多くの女性の出産・育児を支援するほか、更年期や月経トラブルなど女性のための治療を行い、ホメオパシーや栄養療法やプラセンタ療法などの自然療法も積極的に取り入れている。特に、小麦や砂糖、乳製品、食品添加物を一切使わない食事をクリニックで提供するなど、食事療法の重要性を説いている。