母乳育児

「母乳」ってなんだろう? みなさん、母乳と人工乳の違いって本当は何だと思いますか? 「人工乳でもちゃんと育つよ」 「出産後すぐには母乳はでないわ」 「赤ちゃんを預けにくくて大変」 「夜中入院中くらいはゆっくりねていたい」なんて声が聞かれることもあります。そこで、母乳がどうして大切なのかをお伝えしたいと思います。

母乳がどうして大切なのか、母乳育児の良いところは何でしょうか。「母乳育児 クイズ」のページを設けました。ぜひ、チャレンジください。

母乳育児 クイズ

赤ちゃんにとって (母乳育児の良いところ)

  1. 栄養:脳の成長に大切な糖質や脂質がたくさん含まれています。
  2. 免疫:母乳で育てられると、下痢、気管支炎、肺炎、中耳炎、敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、壊死性腸炎などの病気にかかりにくくなり、また、乳幼児突然死症候群(SIDS)、インスリン依存性糖尿病、クローン病、潰瘍性大腸炎、アレルギー性疾患、などの病気から子ども達を守っている可能性があることがわかっています。
  3. 親子の絆:おっぱいホルモンに助けられて赤ちゃんとのきずな作りを助けてくれます。

お母さんにとって (母乳育児の良いところ)

  1. ダイエット:身体をお産前の状態に戻しやすくしてくれます。子宮が縮んで、体脂肪が減っていきます。おっぱいをあげることは究極のダイエットです。
  2. おっぱいホルモン:育児がよりいっそう楽しくします。おっぱいをあげているとマタニティーブルーになりにくいです。
  3. 病気にかかりにくくなる:乳癌や卵巣癌にかかる可能性や閉経後の大腿骨頚部骨折の可能性が少なくなります。
  4. 避妊がしやすい:完全におっぱいだけで育てて1日8回以上授乳していると、産後6ヶ月から長いときには2年くらい排卵がおこりません。
  5. 経済的:一年間に約9万円のミルク代が節約できます。

おっぱいが足りない、薬を飲んだ、乳腺炎かも、ミルクの量の相談、おっぱいが痛い、などおっぱいについてのトラブルがあったら、卒乳までゆいクリニックがサポートします。是非お気軽にご相談ください。

ゆいクリニックの母乳育児サポート

母乳外来では、おっぱいに関する様々な悩みやトラブルに対応しています。痛くないおっぱいのケアの他に、おっぱいのあげ方のサポートなども行っています。詳しくは「母乳外来」のページをご覧ください。

母乳外来

母乳と人工乳の違い

カナダのトロント小児病院のニューマン博士(小児科医)は、母乳は生きているダイナミックな液体であり、人工乳は化学的に合成されたスープだと言いました。

今ここにいる赤ちゃんにとって、そのお母さんの母乳が一番ぴったりで、今朝お母さんが食べたオレンジの匂いも、お母さんの血液からきた生きたリンパ球も入っているし、おまけにお母さんの皮膚の雑菌も入っています(皮膚の雑菌は程よく赤ちゃんの皮膚と腸に定着して健康な体の細菌叢を作るのです)。

対して人工乳は、どこの会社のものも、ほぼ一律の栄養成分が入っていて、飲みはじめから終わりまで同じ味です。

一方母乳の場合は飲みはじめと飲み終わりでも脂肪の濃さや成分も変わってきますし、免疫物質など人工乳には含まれない物質も入っています。母乳は人の赤ちゃんにとって最高の食べ物なのです。

ほ乳類は種それぞれに特異的な乳汁組成を持っています。たとえば猫のおっぱいにはタウリンが含まれています。タウリンは人間にとっても神経細胞の発達や視機能の発達に大切な成分ですが、牛乳には含まれていないため、猫の赤ちゃんを牛乳だけで育てると目があまり見えなくなるということが起こります。

人間の赤ちゃんは頭がしっかり育って二本足歩行が出来るくらいまで成長すると頭が骨盤を通らないため、まだまだ未熟なうちに生まれてきます。そして生まれた後にしっかりと脳を育てるのに効率よいおっぱいを飲むようになっているのです。人のおっぱいは大切な脳を育てるのに一番都合がいいように作られています。対して、生まれてからすぐに立って歩く牛は、骨と筋肉を育てるために効率よいおっぱいで出来ています。哺乳類はみんなそれぞれ自分たちに最適なおっぱいを作っているのです。これが自然の摂理なのです。

人工乳は人の赤ちゃんが飲めるように主に牛乳を原料に改良されてきましたが、母乳にはまだまだ未知の部分が多く、どんなに改良しても真似できないことがあります。それは免疫物質や、抗炎症因子、神経成長因子などです。

また、おっぱいをあげるとお母さんの体の中からオキシトシンとプロラクチンというおっぱいホルモンが作られますが、このおっぱいホルモンは愛情ホルモンとも呼ばれていて、ホルモンが働くと子どもをかわいいと思う気持ちがわき上がってくると言うことが分かっていて、マタニティーブルーにもなりにくくなるということが知られています。

母乳育児成功のための10箇条 (WHO, ユニセフ)

  1. 母乳育児の基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スタッフに周知徹底しましょう
  2. この方法を実践するのに必要な技能を、すべての関係する保健医療スタッフに訓練しましょう
  3. 妊娠したすべての女性に母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供しましょう
  4. 生後30分以内に母乳育児は開始できるよう、母親を援助しましょう
  5. 母親に母乳育児のやり方を教え、母と子が離れることが避けられない場合でも母乳分泌を
  6. 維持できるような方法を教えましょう
  7. 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう
  8. 母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう
  9. 赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるだけの授乳を勧めましょう
  10. 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう
  11. 母乳育児を支援するグループづくりを支援し、産科施設の退院時に母親に紹介しましょう